首都圏の”緊急事態宣言”延長で、どうなる、観光地熱海の窮状!(斉藤市政の舵取りに注目)

東京都での昨日の
コロナ感染者数が一気に、
393人に減少しましたが、

熱海市内では新たに、
市内在住の70代高齢者の
陽性反応が確認されました。
この人は
県外在住の男性で、
1月30日に発熱し現在は
倦怠感と食欲減の症状があ理、
感染経路は
県外陽性者との接触と、
議会事務局から通知がありました。

またこの日、静岡県内では
熱海市の一人を含め
18人がコロナに感染し、
患者2人の
死亡も確認されおり、

首都圏に隣接しながらも、
緊急事態宣言の受けていない、
観光地熱海の
基幹産業従事者には、

金銭的事情を含めて
精神的ストレスに苛まされたまま、
気を緩められる状態にはなく、

熱海市の舵取りを担う、
斉藤市長には、
否が応でも期待がかかります。

(写真は昨夜午後8時少し前の銀座浜町)

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top