新型コロナウイルス抗体検査キットは普及するか。

観光地熱海への客足は
止まったままであり、
週明けまで、
楽観視はできませんが、
ただ、
ここにきて、
緊急事態宣言の効果が、
数字に表れてきました。

昨日土曜日の
都内の
新型コロナウイルスの、
新規感染者数が2日連続で
1000人を切り、
769人と減少しました。

また、

TVの情報番組も、
国内でのワクチン摂取に
シフトしており、
新型コロナウイルスへの、
危機感が薄れないよう、
今後も
感染しないように、
気を引き締め、
感染対策を
継続しなければなりません。

で、今朝は、

抗原検査キットについて、
紹介していただいた、
販売代理店の
東栄株式会社さんの説明を交え、
補足をさせて頂きます。

抗原検査については、既に
メディアが取り上げて
実績も上げていますが、

PCR検査より簡単、確実で、
迅速に購入でき
検査及び結果まで一人でできる、
新型コロナウイルスに対する
抗体検査を実施できるといいます。

また、

抗原検査は簡単なキットを
利用するだけで、
手軽に自宅で出来ます。

つまり、

唾液を容器に入れて
約10分間で検査が可能で、

無症状感染患者での感度も
85%の確率で
信頼性が担保されています。

抗原検査はこれまでも
インフルエンザの診断で
多く使われております。

ウイルス特有の
タンパク質を狙ってくっつく
物質を利用するそうで、
抗体に含まれる菌を見つけ
短い時間で結果が出ます。

PCR検査は早くても
数時間から数日の時間を要します。

熱海市が実施している、
65歳以上の高齢者を対象とした、
PCR検査の普及率は低く、
各町内会に
回覧板を回して促進しているものの、
風評被害への懸念から、
躊躇う該当者は多く、
その点、
短時間でしかも一人で、
検査が可能で、
料金的にもリーズナブルな
抗原検査について、
熱海市の考えを質しましたが、
今のところ
回答はありません。

 

 

 

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment