• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海市のコロナ感染対策に対して、他の自治体を引き合いに、多くの市民から小手先の弥縫策より、市民の命を守る決断を迫る声が続々!

熱海市のコロナ感染対策に対して、他の自治体を引き合いに、多くの市民から小手先の弥縫策より、市民の命を守る決断を迫る声が続々!

全国に拡大する
コロナ特措法(緊急事態宣言)。

隣接する町では、
介護施設従事者が
PCR検査で陽性と診断されました。

見えない敵の攻撃が迫る中、
熱海市でも、
先日、
斎藤市長による、
首都圏からの
移動制限要請がありました。

その要性に合わせて、
地元住民から求められた,

熱海市長浜海浜公園に併設されている、
大型遊具施設等への、
他県からの
利用者に対する制限に対して、
早速、
所管課職員と実地調査し、
立て看板を設置して、
注意喚起を促すことになり、
facebookを通じて、
告知したのですが、

昨日の日曜日の
熱海サンビーチには
多くの家族連れや
近くにある市営駐車場には、
他県ナンバーの車が
散見されました。

また、小生の
facebookを閲覧者した
複数の
市民の皆様からからは、
下記のような
投稿がありました。

・・・・

「村山さん、取り掛かる事が、遅いよ」

「県外の車乗り入れ駐車禁止を、
するべきでは」

「今 出来る対策として、
せめて
5/6迄は遊具使用禁止にすべきです。
触手が
最大の危険だと認識するべきです」

「現況を鑑みて、
注意看板など無駄な経費で無意味❗️
遊具で感染した場合、
市の重大責任と認識すべきです❗️」等など、

また、

南熱海在住の市民からは、

伊東市宇佐美海岸を例に、

「市内の駐車場を含めて長浜にも
この様な看板を
設置してもらいたいです。
土日はすごい他県ナンバーでした」と、

切実な願いが届いています。

こうした投稿に対して、

熱海市の、
新型コロナウイルス感染対策が、
イマイチ、
危機感が薄く、また、
及び腰に見えることから、

小生は、

「市長の決断を促したいと思います」とし、

今日、企画調整部長を通じて、

市民の命を守るため、
上記、
市民のご意見を含めて、
マスクや消毒液の備蓄や、

5月6日までの間、

思い切った
制限の実行について、
熱海市の考えを求める予定です。

・・・・・・

長浜海浜公園遊具利用者に係る
新型コロナウイルス感染症の
拡大防止対応について

(熱海市観光建設部公園緑地課)

現在、全国的に
新型コロナウイルス感染症の
拡大防止に関する
取組が求められている状況にありますが、

市民・観光客の皆様への
行動制限が難しい中、

長浜海浜公園の大型遊具につきましては、
感染症拡大防止策の
必要性に鑑みまして、

週末や大型連休等における
混雑状況(密集・密接環境)等の
感染リスクに対応するため、

保護者向けと子供向けの
注意喚起看板を設置することにより、

「密集・密接環境の回避」
「手洗い・うがいとマスク着用の促進」等の
啓発を実施してまいりますので、
御了承くださいますようお願いいたします。

※遊具利用に係る注意喚起看板は、
保護者向け3枚と
子供向け3枚の計6枚を設置予定です。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment