• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • ブルネイと観光地熱海市のホストタウン計画は、東京オリパラ閉会後の事後交流にあり!。

ブルネイと観光地熱海市のホストタウン計画は、東京オリパラ閉会後の事後交流にあり!。

斉藤市長による、
熱海ホストタウンに関する
プレゼンテーションの後、

ズライミ オリンピック連盟事務局⻑より、
プレゼンテーションに関し、
以下の発言がありました。

ブルネイオリンピック選手の
出場手続きは、

IOC による派遣選手決定
(概ね開会の1か月前(6 月))を
受け次第、国内の
手続きを行うこととなる。

国内手続きは、

オリンピック協会会⻑である

スフリ殿下(国王 4 兄弟の 3 弟)の

最終承認を得る必要があり、
その頃には
開会日の数日前になってしまうため、

熱海市との事前交流が難しい。

在ブルネイ日本大使館との協賛で、
オリンピック関連イベントを
開会直前に行う計画で、

事前交流を行うとすれば、そこに

熱海市関係者が参加するなどある。

ブルネイ選手団は、通例、

開会から閉会まで
開催地に滞在することになるため、
試合で負けてしまった場合、

閉会までの間を

熱海市で
ホストしてもらえると有意義である。

なお、これらのことは、

パラリンピックにも言えることである。

これら発言に対し、

齊藤市⻑は、

事前交流でなくても熱海は
選手及び関係者を歓迎する旨回答。

マムードパラリンピック連盟会⻑より、

熱海市プレゼンテーションに関し、
以下の発言がありました。

とくに障がい者バドミントンは
歴史が浅く、
出場基準が
明確でなかったこともあるため
(最近になって
国際大会でのポイント 制が判明)、
選手がいまになり慌てている。

実際には基準を満たした
他国選手よりも
ブルネイには強い選手がおり、

強化育成を受けている
日体大にも
相談している が、

ホストタウンから

オリンピック委員会に
同選手らが
出場できるように
根回しをしてもらえないか。

3月にマニラで開催される

Sea Game で

力のあることを証明できれば、
出場可能となるような
判断がでないかと願ってい る。

(つづく)

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment