飯田豊二(明治の日本の鉄道技師)物語①

明新科技大學からの
ご招待と、
林俊宏氏の話しから
少し逸れるが、

もう一度、

台湾高雄市大樹区にある

「高屏渓旧鉄橋天空歩道」が

日本の鉄道技師
(飯田豊二)が架設、

数年前、

旧鉄橋完成百周年記念式典に
飯田慎一氏が招かれ、
現在この鉄橋を含む、

高雄市大樹区にある
下淡水渓鉄橋と
記念碑公園が
観光名所となっており、

台湾2級古跡に指定されたこと、

飯田豊二と成島柳北
(熱海温泉の三大恩人の一人・朝野新聞主宰)との

親子関係や

世界文化遺産となった
富士山静岡空港と
高雄国際空港直行便を活用した

新規国際交流プランについて、
説明しておこう。

写真は、高雄市大樹区九曲堂駅舎。
今年5月高雄市訪問時の池田氏他。

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top