梅宮辰夫芸能生活60周年記念「ディナー&トークショー」 in 東京プリンスホテル

今日も上京し、
東京オリンパスギャラリーで
開催された、

山岸伸写真展(瞬間の顔)に
顔を出してきた。

その前に、

今朝の各局芸能欄では、
俳優の梅宮辰夫さんが
ディナー&トークショーの
始まる前に、
顔面を強打し32針を縫う
大怪我をしたものの、
3時間にわたるショーを
最後までやり遂げた事を放映した。

先日、

熱海国際映画祭参加予定作品
日韓合作映画
「熱海のやまほうし」に、

特別出演して頂いた、
俳優の

梅宮辰夫さん(80)の

生誕80周年、
俳優生活60周年を記念した

「ディナー&トークショー」が
昨日午後6時より、
東京プリンスホテルにて開催された。

熱海からは、
梅宮さんとは長年、
親しい間柄で、
「熱海のやまほうし」にも、
出演協力して頂いた

芸者置屋「初大吉」の女将、
同じく「山月」の女将と小夏さん、
小菊さんや夢千代さん他、
一行9人が、
熱海駅で待ちあわせ、
プリンスの会場に入った、

梅宮さんのお祝いに、
318人もの関係者が集い、
開演を
心待ちにしていたところ、

受付に入るなり、

初大吉の女将に
梅宮さんの事務所の方から、

ショーの直前に転倒し、
コンクリートに顔面を強打、
32針を縫う
大ケガを負ったことと、

骨や脳などに異常はなく、
本人の意識も
はっきりしており、
予定通り開催することを
知らされたのである。

心配されたものの、
予定より約10分遅れて、

山田雅人さんの司会で、
ショーは開催され、

画面のような格好で、
舞台に登場したのである。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top