• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 髙橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝”わが人生”(97)ー 海外企業(アグファゲバルト社)との直接取引で世界の最新技術導入ー

髙橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝”わが人生”(97)ー 海外企業(アグファゲバルト社)との直接取引で世界の最新技術導入ー

今日は午前中に
沼津市内にある知人の
法律事務所で打合せがあり、
早めのブログアップは、

髙橋弘会長の自伝
”わが人生”その(97)回目を
記載する。

///

ー大手系列に属さない
「日本ジャンボー」は、

海外企業と直接取引することで、
世界の最新技術を
独自に取り入れました。

特にドイツの
アグファ•ゲバルト社とは、
同社のフィルム
「ゲバカラー」を早くから扱ったり、

1973年に
同社の指定現像所の経営を
譲り受けたり(その後売却)と、
親しい関係を続けてきました。

同社は当時。

世界第3位の写真フィルムメーカーで、
80~90年代には
ドイツの化学薬品メーカーである
バイエルンの子会社でした。

88年にイタリア製
「マキシラボシステム」を導入したのは、

同社の情報提供が発端だったことは
前回お話しした通りです。

当社が大手メーカーと
渡り合うために選んだ手段は

「薄利多売」でした。

これに欠かせないのが機械化、
コンピューター導入、

後述する

さまざまな“小さな工夫”、
そして海外企業との
直接取引だったのです。

さて、

低価格実現のための
合理化の中で行き着いたのが、
印画紙のコスト問題でした。

印画紙は
写真をプリントする専用の紙です。

(つづく)

 

 

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment