佐藤市郎氏(株式会社T.G.T顧問)との邂逅。

中国・アセヤン各国への
日本企業の進出をコンサルする、

佐藤市郎氏(株式会社T.G.T顧問)より、
ブログのコメント欄に投稿があった。

2008年12月4日のブログタイトルは

−中国山東省フィファン〜日照〜青島”
往復600キロを走るーだった。

あれから8年が経過し、既に
忘却の彼方へと押し流されていた、
記憶を呼び戻したのは、

何と横浜在住の佐藤市郎氏だった。

この時の訪問時のブログを見て、
下記のようなコメントが入った。

ーウィ ファンの記事興味深く拝見。
小生、中国に約18年滞在、

2012年秋に帰国。特にウィファンは
第2の故郷と感じてます。理由:関兄弟、

日本留学時代よ りの交流、彼ら
「千葉大学、関東学院大学」卒業後、

小生の会社に勤務。両親が病気のため帰国、

関鋼君、ウィファン市政府に就職。
請われて、小生、市政府の 顧問、
「日本人では、初めてのケース」に就任。

横浜ゴムなど誘致。以後、
山東科技職業学院、
青島浜海学院「総合大学」
日本教育文化研究所の所長就任。

小生現在、

中国・アセアン各国の進出の
コンサル タント業務に従事。現在、
3社の顧問をしてます。

必要であれば、
お力添え出来ますので宜しくお願いします。

取り敢えず、佐藤市郎なる人物、
小生が知る限りのウィファン情報と
照らし合わせてみるべく、
持ち前の好奇心に突き動かされ、

佐藤市郎氏とお会いしたのである。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment