• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海のイワシやアジの魚介類の廃棄処分品が「雑魚丸ごと粉砕末」として試作品届く。

熱海のイワシやアジの魚介類の廃棄処分品が「雑魚丸ごと粉砕末」として試作品届く。

今朝は広域行政特別推進委員会に出席しその後、
宇田勝氏(宇田水産)と佐口静男氏(佐口農園)、
小山所管課職員を控室にお招きして、先日、

宇田水産が加工し終えた熱海の
魚介類(アジやイワシ)の廃棄処分品を、

知人の川東幸一氏(健康素材研究所社長)に依頼、
川東氏の指定する食品加工会社に送り、何と

一ヶ月足らずで「雑魚丸ごと粉砕末」として、

送られてきたので早速、前回立ち会った、
小山所管課職員から宇田氏への連絡を依頼する。

この「雑魚丸ごと粉砕末」に関しては、2月議会
本会議登壇日でも発表しており、今朝直接、
宇田氏に手渡した、宇田氏は待ちかねていたか、
早速ジップロックを開き、匂いをかぎ感動を露にした。

また、川東からの添付報告書には

ー熱海の魚介類を「雑魚丸ごと粉砕末」に加工、
些少の味◯を加え味に丸みを持たせております。

これは本来「ふりかけ」加工にて処理を考え
実施致しました。イワシの色調・身の大きさや
臭い等から判断して単独では無理と判断して、
次回送る際には他の原料と合わせたもので
検討させて頂きます。また、味の点では未だ
未完成ですがご理解下さいーまた小生が依頼した、

子供たちへのカルシューム素材としての取組みは、

—原料のタンパク質量、カルシューム量、鉄分等
含有している成分を分析して配合量等を
検討すべきですが、今回は省略いたしまして、

炊飯用カルシュームと名付け魚介粉末に
ホタテ貝殻の◯成エキスを加え
◯収型カルシュームにしてみました。

味や添加量は未だ未完成ですがミルク嫌いの
お子さんにお勧めできるものと考えています。
給食とかホテル旅館にお勧めですー(つづく)
宇田水産

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment