橋本一実県政報告会、来賓に川勝知事と斎藤市長。

今日は訃報が相次いだ。高倉健さんは別格として、
熱海市内では山口雅平氏(イズ・メンテナンス)、
現時点では名前を伏せるが元熱海の実力者「K氏」が、
黄泉の世界に旅立った。故山口氏は元竹中工務店の

熱海所長として赴任した後、そのまま市民となり、
熱海後楽園や世界救世教などの工事を担当するなど、
面倒見の良さでは定評があり、市内の下請け業者を始め
多くの関係者から愛される存在だった。ただ、長年、

透析に苦しみ闘病生活を強いられてきた、また、
愚妻の実弟(坂田板金)を通じて小生にとっても、
良き相談相手として貴重な存在でもあった。

ーご冥福をお祈り致しますー

さて、昨日上京した際の話しは別の機会に譲るとして

今夜午後7時から起雲閣音楽サロンで開かれた、
橋本県議の県政報告会のさわりをご案内したい。

会場には橋本県議の支持者約200人超が集まり、
橋本県議の県政報告のあと、来賓として

川勝知事や斎藤市長が挨拶に立ち、橋本県議の
市内の土砂災害対策や防災訓練、その他
政治家としての真摯な活動を評価した。会場には

齊藤市長、橋本県議、川勝知事と揃い踏みしたことで、
会場は熱気と期待で溢れ、小生も一言挨拶を述べ、

御三方への要望として、住みたくなるまちを、加え、
定住人口増加策として、県のシバリが強い
風致条例や介護他の規制見直しについて持論を述べ
橋本県議の更なる県会での存在感に期待した。

詳細は熱海ネット新聞をご参照下さい。

橋本県議

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment