熱海のパワースポット!来宮神社の大楠祭り。

今日5日は来宮神社恒例の”大楠祭り”。定番散歩の後神事に参加する。
新社務所完成以来参拝客はうなぎ上りで、今朝も神事を前に大勢の
参拝客が列をなしていた。来宮神社の大楠は樹齢2000以上とされ、
その生命力は、熱海温泉屈指のパワースポットと崇められそれを体感すべく
市内外から多くの参拝客が訪れている。大楠参拝作法として、

◯幹を1周廻ると寿命が1年延命する。
◯心に願いを秘めながら1周すると願い事が叶う。などの言伝えがある。

また今日のサプライズは、郵便局を退職して神社にご奉仕していた
小山さんが、何と、神職に一人として狩衣を纏い頭に烏帽子、
手に笏を持ち神妙な面持ちで神事を執り行っていたことだ。これまで、

神職は神道系の大学を出なければならない。と、思っていたが、
その常識を覆す快挙と受け止める。また、神事の後の直会では
雨宮宮司から挨拶の場を設けて頂いたことで、早速、宮司さんの決断と
心遣い、第2の人生に挑戦しそれを見事にカタチにした
小山さんの努力を賞賛する。散会後は自宅に戻りネット検索して、

早速、神職になる方法を探してみる。一部神社庁で年2回行われる
神職養成講習会に参加するか、2年間、全国に数校ある神職養成所に通う他、
通信教育によって検定試験を受けるという方法が記載されていた。また、

今日の様子から小山さんの身分は一般職員に該当する
権禰宜さんだと推測するが、次回の神社総会で本人直に聞いてみたい。

さて、来宮神社ついでにニュースをもう一本。熱海ネット新聞に
”来宮神社に「さい銭」ドロ28歳男を逮捕”とあった。熱海署は4日、
窃盗の疑いで青森県出身で住所不定の男(28)を逮捕した。容疑は
3日午後7時ごろ、来宮神社のさい銭箱から現金1000円を盗んだ疑い。

そこで一句、”さい銭を盗む不敬に祟りあり”(ケンゾー)
(写真右が小山さん)

小山神官

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment