• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 旧岡本ホテル跡地買収価格再交渉、3億7500万円前後で決着か?

旧岡本ホテル跡地買収価格再交渉、3億7500万円前後で決着か?

愛犬ふ〜との定番散歩の後、議会事務局に入る。所管職員から
総務福祉教育委員会協議会開催の知らせを受け取る。どうやら、

旧岡本ホテル跡地買収に係る地権者との価格再交渉による
金額が決定したようだ。これは、先月28日に開催された

市議会総務福祉教育委員会協議会で浮上した、
公簿と実測面積の錯誤、地権者側の約50坪もの上乗せ疑惑を機に、
熱海市の公共用地取得に関する地権者任せの体質が浮き彫りに。また、

3億9000万円での契約に”待った”をかけた、米山議員は、

ー坪40万円、総額3億9000万円で購入を予定していたの なら、
50坪狭まれば2000万円値引きできるはずーと正論を述べ、さらに、

ーベースを3億7000万円に下方修正して、更なる値引きを求めていた。
早い話し、地権者の後だし理由はどうあれ、ミスミス、

50坪、2000万円もの上乗せ疑惑に歯止めをかけ、
血税の無駄な支出を防ぐ結果となった。ただ、

再交渉の結果はどうあれ、忘れてならないのは、

旧岡本ホテル跡地購入に関する最大の焦点が地権者と
市内の不動産鑑定士との鑑定評価額の大幅な格差にあることを。

買い急ぐ前に、熱海市が率先して払拭しなければならないのが、
鑑定評価額約9000万円もの格差に対する再調査だと申し上げておこう。

測量

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment