日本ジャンボーグループ、秋の韮山ゴルフコンペ

昨夜までの雨と突風を伴った悪天候がウソのように晴れ上がっていた。
今日は、絶好のゴルフ日和となった。今朝も、
高橋弘会長(万葉倶楽部)の車に便乗し、山岸伸氏の写真集、
「瞬間の顔」Vol4に関する話しに始まり、これまでご無沙汰していた、
会わない期間の四方山話に花を咲かせる。また、昨日ご紹介した、

竹内新一氏(熱海健康整体院)から学んだ、正しい姿勢、
歩き方等について、聞かれたことを説明する。ただ、
首をキリンのように伸ばして背筋を引っ張り上げる動作を続けているので、
普段使わない筋力を使っている為か、何となく、
肩から首の周辺にかけて強ばり、張りが出てきたようで、
軽くクラブを振れないのではと、内心、気になり出していた。
とにかく、極端な話し、会得するまでロボットのようなぎこちない動きになる。

車は午前8時15分に横着する。相変わらず、日曜日の朝の、
伊豆にらやまカントリーは賑わっており、暑くなると見込んでか、メンバーの一人、
堀川久保氏(ジヤンボーホールディング顧問)のように
半袖でプレイするゴルファーが多く見られた。今朝はスタート前に
ゴルフシューズを新調する。これまでのシューズには
間違った歩き方を続けてきた後遺症として、左踝に負荷がかかり、
グルフシューズの片方(左)が大きく湾曲しており、心機一転、
足下から健康体をつくる努力に、大枚、9800円を投資する。


大体、前置きが長くなる時は成績が悪いと、相場は決まっている。
折角新しいシューズを履いてスタートしたのだが、世の中、
そうそう上手くはいかないのが通り相場である。案の定、出だし中コースは、
OBの連読やパットが決まらず、58の大叩き。後半(中コース)でやっと、
48で回れたのだが、前回、親友の伊木茂樹氏(釧路石炭社長)と、
西熱海ゴルフ場で記録した好スコアとはほど遠かったが、
動画で一部紹介しているように、メンバー同士、終始笑いに包まれた親睦ゴルフとなった。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment