• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 伊豆毎日新聞三大市民賞顕彰式。小川拓真君(静高野球部4番・甲子園出場)に優秀選手賞。

伊豆毎日新聞三大市民賞顕彰式。小川拓真君(静高野球部4番・甲子園出場)に優秀選手賞。

今日は午後1時から、いきいきプラザ7階多目的ホールで行われた、
「第51回伊豆毎日三大市民賞」顕彰式に参加する。顕彰式には
齊藤市長を始め梅原市議会議長他、市議会議員全員が顔を揃え、
各界から選ばれた受賞者をお祝いする。受賞したのは、文化関係4人、一団体、
社会奉仕関係3人の合わせて8人一団体で、

市民文化功労賞、谷口崇氏(75歳)、山田忠男氏(70歳)、
岩澤文子さん(67歳)、優秀文化指導者、坂本武典氏(35歳)、
優秀文化団体、熱海鉄道同好会(松尾光貴代表)、社会奉仕賞、河村智章氏(73歳)、
体育功労賞、山本五雄氏(61歳)、優秀選手、小川拓真君(18歳)、
優秀選手、平井丈君(12歳)がそれぞれ、栄えある受賞者となった。中でも、

小川拓真君(優秀選手)は、熱海少年野球クラブ、熱海中学野球部、
静岡高校野球部と進み、名門静高では一塁手レギュラーとして活躍、昨年、
甲子園出場を果たす等、市内の野球少年に夢を与えた。また、午前中には

熱海市議会観光建設公営委員会が開催され、
委員会所管の上程議案説明と質疑応答が行われた。中でも、
熱海市温泉条例の一部を改正する条例、指定管理者の指定(起雲閣)、
専決処分の報告について(市営住宅の管理上の必要な訴えの提起)について、

各委員から活発な飛び出し中身の濃い委員会となった。小生、
上記3案件全てに質問したが、中でも、起雲閣の指定管理について、

主婦業の片手間では、市の重要文化施設を任せられない。と、食い下がり、
誰が最終的な責任を負うのかと詰め寄ると、
齊藤市長自らが責任を取ると断を下した。

特命指定管理者(特定非営利活動法人あたみオアシス21)の管理期間は
平成24年4月1日から平成27年3月31日までの3年間で、
施設の管理運営に対する基本方針は来観者が感動できるサーイスを提供し、
ボランティア精神をもって市民、観光客に喜ばれる文化施設、観光施設の利便を追求し提供し、
女性としての特性を生かしたきめ細かな対応、さらに女性の働く場を拡充する。
市内の観光スポット、食事処の案内などおもてなしの心をもって対応できると、
利点も前面に打ち出しているのだが、う〜ん、懸念は尽きない。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment