• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 鳥居誠氏(パリ在住)の熱海リビエラ化計画とその後の進捗状況

鳥居誠氏(パリ在住)の熱海リビエラ化計画とその後の進捗状況

泉都の朝は、寒気を伴う小雨で幕が開けた。午前10時50分、定番の、
愛犬ふ〜との散歩の後は、そのまま、庁舎に入る。今朝の地元紙は、
4月24日が投開票となる、熱海市議会議員に立候補が予定されている、現職議員の
市政報告会や出馬表明に関するニュースが大きく紙面を割いていた。新聞からは、
各候補者の後援会陣営には、市内の観光団体の役員や実力者が顔を揃え、
当選確実と思わせるに十分な布陣を配し、他の候補者を寄せ付けない
鉄の結束が見て取れた。地縁血縁の強さを前に、
一匹狼のチャレンジ精神が沸々と滾ってくる。その前哨戦となる3月定例会。

大筋で書き上げた通告書の細部を詰めるため、昨日掲載した案件について、
所管職員との打ち合わせをお願いする。明日の通告締め切り後に、
内容を掲載する予定だが、通告書作成に協力して頂いた、どの、所管職員も、
専門知識に精通しており、生活的に厚遇されているから当然の事とは片付けられない、
知識と経験を、熱海再生に役立てて貰わなくては、実に、もったいない。

さて、知識と云えば、熱海リビエラ化計画をもって、先日、
フランスはパリから来熱した鳥居誠氏から、メールが届いたのでご紹介する。

おはようございます。
いつもお忙しいことと思いますが、私の現状を
報告いたします。
いよいよ、パリの冬休みも終わり、諸々、時間がある限り
進めていこうと思います。
今回のリストは、熱海市の関係とプライベートに(生ごみ処理)に
分けました。
よろしくお願いいたします。
鳥居







熱海リヴィエラ企画 2011年2月27日現在

下記の項目ごとの現状を報告いたします。

1) イベント :
現在考えられる国際イベントは、”国際漫画フェスティバル“が
一番有力と思われます。
特に東京で進んでいた企画があまり評価されず、現状は止まってしまっているようです。
これは正確な情報ではないかもしれないので、

BB
メディアに依頼して、現状を調査中です。

市役所サイドでも調査をお願いしたいと思います。

東京都がどのように考えているかは別として、フランスでは漫画自体、
立派な文化という捕らえ方をしていて、可能ならば
フランス文化省、及びエールフランス等の協力を考えています。会場と考えているのは、
南熱海マリーンホール又は大型リゾートホテルで会期は一週間ぐらいでしょうか?

日本のアニメーション、コミックを中心にとりあえずは
ヨーロッパからの参加希望者を募ります。同時に日仏の
ミュージシャンによる野外コンサートも考えられます。

(つづく)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment