• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 高須基仁氏(モッツ出版)忘年会、28日午後6時から田町の事務所にて開催。

高須基仁氏(モッツ出版)忘年会、28日午後6時から田町の事務所にて開催。

高須基仁氏(モッツ出版)からフッックスが入った。忘年会の案内だ。毎年、
モッツの事務所(台東区寿町)にて、内輪の雑誌編集関係者が集まる。事務所では、
ビールと乾きものを主体に、政官業、芸能スポーツに至るまで、
活字にできない業界の裏情報が飛び交う。これまでの経験では、どれも、
信憑性が高く、腹を割った業界人が情報源を共有することで、暗黙のルールのもと、
ここから発信された情報が一般に露出されいくケースを多々見ており、
ここに参加する価値は十分にあり、人脈もそれなりに広がる。また、偶然にも今朝、
散歩のあと事務所にて、愚息の口から高須氏の名前が飛び出した。それは今月

地下格闘技KRUNCH第8戦(渋谷)を観戦した際に姿を見たという。そう云えば、
最近の高須氏、前田日明氏や真樹日佐夫氏等、ある意味
格闘技の聖人との交流を深めており、今月1日の小生の後援会主催の市政報告会には、
同日同時間帯に開催された、戸田拳士主催の第2回BOXFIGHTとテッパリ、
高須氏の仕事を優先して頂いたのは記憶に新しい。で、更に愚息の話しに耳を傾ければ、

一定のルールがあるとはいえ、ガチンコ喧嘩格闘技の人気は高いようで、何と、
熱海から、それも愚息と共通の青年が、KRUNCHに出場していた。
その名は武田清氏。小生、武田氏の家の近所で印刷業を経営していた関係で、武田氏が
小学校に上がる前からの知り合である。今年も、






水谷カメラのご子息の結婚式(ホテルニューアカオ)でお会いし、
記念に写真と動画を撮っている。さらに、KRUNCHには、南熱海から
秒殺の格闘家と呼ばれる新人が参加し、話題となっているようだ。
メジャーをしのぐ人気となるのか地下格闘技(KRUNCH)。28日、時間の許す限り、
モッツ出版の忘年会に顔を出し、熱海とKRUNCH熱海大会の可能性について
話しを聞き出せれば幸いである。と、いうことで、明日は
高橋会長と大宮で開催されるディナーショーに招待されていたが、満席状態ということだ。

28日の忘年会に出るとなれば、隔日上京となる。この際、
大宮のショーの主催者にお断りの電話を入れ、会長にも関係者に席をお譲りすることで、
メールを入れ、了解を得る。さて、ベルコードに関するメリットデメリットについてだが、
愚息の話しを優先した関係上、このまま続けてもゴチャゴチャになるため、
明日に先延ばしさせて頂く。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment