山岸伸写真展、オリンパスギャラリー東京にて

今朝早く、高橋弘会長から電話が入った。夕方から北海道に飛ぶという。
急用で、旭川万葉温泉に向かう。ということだった。今日は午後6時から、会長と、
オリンパスギャラリー東京(神田小川町)で開催される、
山岸伸氏(写真家)のオープニングパーティに参加する予定だったので、
一瞬、肩すかしを食った格好となった。しかし、小生は運が強い。

高橋会長のフライトが夕方の便で、おまけに、午前中には
歯の治療で上京しているという。写真展のオープンは午前10時。それなら、
小生が早めに熱海を発ち、東京駅中央改札口で合流すれば、義理は欠かない。結果、
午後12時31分発のこだまで上京する。会場に到着したのは午後2時。会場では、
山岸伸氏を始め蓮見女史やスタッフの丁寧な扱いに恐縮する。

写真展のタイトルは、GIRLS PEN COLLECTION



会場には約一時間ほどお邪魔をして、心を通じ合う。北海道に発つ時間が迫り、
通りに出てタクシーを拾う。会長を乗せたタクシーを見送り、小生は余った時間を、
銀ブラしたり、ヨドバシカメラで時間をつぶして、午後6時少し前に開場に戻る。さて、

パーティの模様は動画でお伝えすることにして、昨日、
本会議に登壇した小生の通告案件と壇上スピーチから、熱海温泉の実情をお知らせしたい。
・・
村山憲三でございます。ただ今より、九月定例会における、
市長の所信表明に関する質疑並びに一般質問をさせて頂きます。
先ずは市長、並びに補欠選で当選された同僚議員に対しまして、
心よりお祝い申し上げます。さて、今回の市長選を振り返ってみれば、
民意と熱海市の方向性も見えてくるわけでございます。それは、

旧態のしがらみ市政に戻すのか、或は、このまま、行財政改革を進めるのか。
二者択一。市民にとって大変分かり安い選択となりました。私自身、
正直申し上げて、どちらの候補者を支援するか迷いました。

決断した理由の一つに、前市政の三役を含む、天下りOBの、
新人候補者に対する露骨なまでの支援活動がありました。他方、現職は組織を作らず、
給与の大幅カット、退職金辞退を明言し、公用車は一切使用せず、
篤志家からは2億円もの寄付を募り、梅園や糸川沿いの整備をして、まちの
再生を促進しているわけですから、どこから比較検討しても、
代える理由は見つからないのであります。結果、
大差を付けての勝利となったわけであります。ただ、戦いは始まったばかりでございます。
何と云っても、

いの一番に着手しなければならないのが、熱海の景気回復であります。

熱海の基幹産業が壊滅の危機に瀕しているのは、ご案内の通りでございます。市長は、
何をやるかではなく、即座に、
財政再建をどこから着手するのかが、最重要課題となるわけでございます。
(つづく)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment