神戸に新提案。万葉倶楽部の温、宿、食、遊、癒+シネマ

この3日間、高橋弘会長と充実した日々を体験させて頂いた。
韓国や中国との友好関係だけでなく、今度は神戸市と岸和田市という、
関西の有名都市との交流への足がかりが出来たのである。このことは、
熱海温泉のPRだけでなく、市議会議員の一人としても至福に値する。今後、
万葉倶楽部を通して直接間接的な取り組みについては、その都度、
公開できる範囲でお知らせしていきたい。さて、JR神戸駅から
在来線で新大阪駅に直行し、午後1時50分発のひかりで三島に。三島で
20数分間こだまの到着を待ったが、午後5時前には自宅に到着する。
慌ただしかったが中身の濃い、プレオープンだった。昨晩も、
・・・
昨晩、というより、午前零時を少し回った時間に、
隣室で床についたとばかり思っていた、
山本勝士顧問(元熱海警察署長)が小生の部屋のドアを叩いた。
何事かと、ドアを開ければ、カードキーを室内に差し込んだまま、
大風呂を楽しんだようで、生憎、プレオープン二日目も深夜を過ぎていたため
担当者を起こすのを避け、心が通じ合う小生の部屋に、””を入れ、
そのままグイグイと主導権を握り、とある擬音をかき鳴らして
朝まで和室を占拠して、話題に一ページを刻み込んだ。そうした
ハプニングにもかかわらず、朝6時に起床し朝風呂を楽しんだのだが、山本顧問は
使い勝手や工事完成間もない設備のチェックに余念がなく、
目の付けどころに、元熱海警察署長としての片鱗を示した。午前7時過ぎ
高橋弘会長から電話でモーニングコーヒの誘いが入る。山本顧問は会長と、
18階展望足湯から神戸の街を俯瞰しながら、23日のグランドオープンに向けて、
・・・施設内の修復カ所やプレオープン3日間を通して気づいた
社員の接客マナーの確認等話し合い、会長は熱心にメモを取っていた。
・・・・また、神戸万葉倶楽部についてPRすれば、









・・・
宿泊で219名。日帰り客1,040名が同時利用が可能で、
お食事処が255名、大宴会場174名、小宴会場が12名一度に利用できる。
・・・施設のいちばんのウリは、
JR神戸駅に隣接し、神戸港オウーターフロントの玄関口に位置し、
景観と良質な温泉を軸に余暇空間を融合(パンフ参照)、
神戸文化とマッチした上質な総合リラクゼーション施設の創出である。
・・・
23時間営業で、万葉倶楽部の特色である、
南紀白浜温泉の現地から、毎日20トンの温泉を
タンクローリーで運搬してくることで、
一ランク上のグレードを堪能して頂く、神戸万葉倶楽部が目指す、
新神戸スタイルの新湯治を楽しんで頂ければ幸いである。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment