楽天と野村監督、川岸強投手の強運。

予定では、朝方までジックリと携帯に特化した、清水さんの、
動画サイトに関してトップページのデザインやコピー等に関して、
お互いの発想をすり合わせる予定ではあったのだが、
小生、口ほどにもなく、午前0時を過ぎた辺りには、
睡魔の誘いに逆らうことなく意識を失っていた。結局、スタイルと
方向性が一致したのは、今朝の10時30分頃だった。場所は、
京都駅近くの喫茶店に入ってからである。もっとも、
いくつか出来上がっていたイメージを、A4のコピー用紙に手書きして、
渡しただけだが、今月の中旬過ぎには校了して、
11月始めには完成させることを確認して、
午後12時5分
「京都駅」駅発のひかりに乗車し、
静岡駅でこだまに乗り換えて熱海駅に着いた。車内で、
スポーツ紙を広げれば、楽天の勝利と2位浮上、
CS戦出場を手中にしただけでなく
小生が応援する「川岸強」投手が勝ち投手となっていた。
西本聖氏(元巨人軍投手、現野球評論家)が川岸投手の押さえを、
日刊スポーツ(10月2日号より転写)
評価する記事が、車窓を叩く雨の憂鬱を消し飛ばした。
中日を解雇され楽天に拾われての恩返し、事情を知る小生には、
ー諦めるな。努力はいつかは実を結ぶー人生、七転び八起きの野球魂に、
一ファンとしては心を揺さぶられる、記事内容だった。さて、
昨日は、貞方邦介氏(アルカサバ社長)よりTBS番組出演の話しが、
唐突に舞い込んできた。生憎、関西方面への出張ということで
丁重にお断りしたが、、友人の一人として小生を推薦したとの事だが、
出る出ないは別にして、熱海市をPR出来る番組は大歓迎だと感謝する。
また、先ほどまで、熱海市長宛に監査請求を提出するも却下された、
木下恵司氏(海山)が来訪し、熱海市に新たに提出した、
「改善要求書」のコピーを持参したので、
監査請求却下された事について、
携帯動画インタビューした。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment