日本にとって、中国は一番の観光推進重点国だ

今朝の散歩の後、午前11時に「熱海市庁舎」に入った。
庁舎入り口にある議員の名札の電光が多く点いており、議会の常任委員会の一つ
「総務教育委員会」が開催されているのがEV前の案内板に記されていた。
今日の庁舎での用件は3件。近隣住民から報告のあった、
市道戸倉海蔵寺線(水口町)の道路亀裂を建設課の担当職員と現場検証することと、

八幡山市営住宅」家屋無断転貸明け渡し請求事件の被告となっている、
木下恵司氏(海山)が監査委員に提出した”熱海市長措置請求書”のコピーを、本人から
受け取り、9月定例会への通告案件とするための打ち合わせの2件と、
・・・先日来熱した楢崎宣夫氏(高野国観専校長より紹介、大阪在住)から要請のあった
熱海市のポスターや観光案内ポスター、CDを送付する為、秋田職員に依頼した3件である。
聞けば、今月15日に福建省アモイにある合弁会社に持参して、温泉好きな中国人観光客へ
日本での観光ルートとして興味を持たせたいという趣旨だった。その楢崎氏から、
下記のメールが届いているので、参考のためご紹介したい。
/////日本政府観光局上海事務所の鈴木所長は先月、上海で開かれた
観光フォーラムに出席し、日本を訪れる中国人観光客の平均消費は
「一人当たり16万円にのぼる」
中国は日本にとって一番の観光推進重点国だ」と語った//////
・・・・・・村山先生
先日は熱海でお目にかかれて大変喜んでおります。さて下記
「中国の友人が送ってくれた」ブログです。すでにご案内かと存じますがご参考まで
・・・・鈴木所長によると、日本を訪れる観光客の平均消費は一人当たり8万円で、
中国人観光客の消費額はこの2倍にのぼっている。中国人観光客が好んで買うのは、
数年前までは電気製品が主だったが、現在は衣類や化粧品がこれに替わっている。
昨年の中国人観光客数は記録的な100万人にのぼった。
新型インフルエンザの流行で旅行客が減った6月も、
中国人観光客の減少幅は他の国に比べて最も小さかった。
7月に入ってからは下げ幅がさらに縮まっている。日本は今年7月から、
中国人に対する個人観光ビザの発給を開始した。上海周辺の個人観光ビザを取得して
日本を訪れた中国人観光客は1カ月余りで1200人を超えた。
その多くは、30歳前後の富裕層だという。これまで人気の高かった東京や大阪のほか、
京都、神戸、奈良を中心とした関西旅行への注目もますます高まっている・・・・・・
・・・・・今日はこの他午後からは、
熱海マリーナへお邪魔して、台風の襲来を予測して桟橋を陸揚げしている様子を取材し、

コネのある通販チャンネル(QVC)活用まで多岐にわたって、情報を得る。
ここから一旦事務所に戻り、愛犬ふ〜との午後の散歩に、
何時もの熱海港芝生広場周辺を歩いたが残暑厳しい日差しを受け、愛犬は、は〜は〜しながらも、
今日一日も、ストレス無く習性を満足させたようである。
熱海の港湾とその美観
固定資産税免税?の県公園施設

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment