中国山東省ウィファン市にて

今朝、「成田空港」から中国山東省「青島空港」へは、
ANA(NH927便)の直行便で飛んだ。
今回は、創業明治23年の老舗蒲鉾屋、
「さすぼし蒲鉾」(静岡県由比町)古牧社長が新規事業として取り組む、
魚の加工食品会社、
いぼう出口商品基地建設公司、
日照美佳有限公司、青島東港食品有限公司の3社が所在する、
ウィファン市(いぼう市)、日照市、青島市訪問にお付き合いする。
この時期どうして「中国」なのか
何故同行したのかについては、
事業計画の進展に合わせて報告するが、
成田から約3時間、
現地時間で午後12時50分に「青島空港」に着陸した。
s-DSC000910.jpg
我々一行を出迎えてくれたのは、
ウィファン市内で日本語学校、
「有声日本語学校」校長の王百生さん。
ワンさんが用意したワンボックスカーで、
飛行場からウィファン市まで車で約1時間半。
途中、
高速道路サービスエリアでトイレ休憩したところ、
キャベツ満載の大型トラックから、
積み荷がこぼれ落ち、
運転手と助手らしき作業員が、落ちたキャベツを放り上げているいる一コマと、
s-DSC000972.jpg
s-DSC000931.jpg
事故防止を啓蒙する、
高速道路で事故り大破した乗用車を写す。
s-DSC000983.jpg
ウィファン市内の
「山東いぼう出口商品基地建設有限公司」では、
この会社は、
野菜や魚の加工品を主に扱う商社で
「Fu Yuan Fang」(付)貿易部経理と、
さすぼし蒲鉾の古牧社長と小野部長が早速、
並べられたサンプルを前に商談に入った。
これまで全くと言っていいほど、
輸入加工食品についての知識がなかったが、
サバ、たら、はまち等の、
カットや冷凍方法、梱包やコンテナ、LCについてなど、
聞いている内に、
気持はニワカ業界人になっていた。
s-DSC001044.jpg
餃子事件に引き続き、
インゲンやミルクへの毒物混入事件が続き、
日本人は基本的に、
中国の食べ物を信用しなくなった。と、古牧社長がズバリ切り出し、
魚についても、
養殖などは中国国内から出荷できないし、
魚が安全なのは我々プロには常識だが、
日本では、
スーパーで買い求める主婦や家庭は知らない。
日本の会社と協力して加工しているという、
安心感が不可欠であり、
100%中国産としてではなく、
日本の会社と合弁して、
技術指導によって輸入するシステムをお願いしたい。とも付け加える。
通訳を通して、
古牧社長の説明に大きく肯いた「付」経理は、
明日早朝に、
ウィファン市から車で約3時間離れた、
日照市にある、
「日照美佳食品有限公司」を案内することで、商談を終え、
玄関先で記念撮影をして、
s-DSC001075.jpg
王さんの日本語学校の隣にある、
「泰恒国際大酒店」(TAIHENG INTERNATIONAL HOTEL)にチェックインする。
日本円に換算して一泊3,500円だが、
それなりのホテルでもあった。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment