「日本ジャンボー」100年間続く企業を目指して!

昨日の節分祭だが、
どうか、
雨が上がりますようにと、
神棚に”目”をやったのが
通じたのかどうかは定かではないが、
来宮神社(雨宮冶興宮司)境内で行われた、
”福分け”の、
豆撒き追儺式に合せたように、
雨はパラつく程度となり、
東京から駆けつけた、
貞方邦介氏(アルカサバ社長)と、
s-IMG_1318.jpg
その家族も、
降雪の影響で新幹線が遅れたものの、
神事には間に合い、
開運厄除大祈願祭”斎行の後、
s-IMG_1319.jpg
市長や県議を始め。
熱海市を代表する著名人とともに、
s-IMG_1321.jpg
”福”を撒いていた。
さて、
今日と明日にかけて、
先月、
「熱海後楽園ホテル」にて、
「日本ジャンボー創立50周年記念」パーティが開催されたが、
これまで時間の関係で、
記載できないでいた、
経営トップ(高橋弘会長)が目指す、
これから100年間続く企業の
方向性や、
経営理念を参考にして頂ければ幸いである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
/////////////////
・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日は年初でお忙しい中私、
高橋弘の
創業 50 周年記念の会に御出席いただきまして
心より感謝申し上げます。
s-200810200.jpg
私が生まれたのは、
第2次世界大戦が始まる前の
昭和10年で
幼少の頃は
戦中戦後の混乱の中での生活でした。
昭和20年の終戦の時、
小学校4年であり、
その時代は学校にも通えず、
近くの神社での複式学校で勉強していました。
物資が不足していて
ノートもなく
拾筆などは貴重品でありました。
終戦を迎え、
たたきのめされた時代でしたが、
親に頼んで高校まで行かせてもらい、
卒業後は
家業の酒店に勤めることとなりました。
そこで高校時代に所属した
写真部で覚えた
写真のプリントを酒屋の一角で二こなし、
少々小遣い稼ぎをしていました。
s-CIMG7978.jpg
そして22才になったばかりの
8月に
アルプス写真を創業しました。
その頃は、
酒屋と写真屋のかけもちの時代でありました。
日中は酒屋、
夜は写真屋という様な時代が
7 年間続きましたが、
その後
アルプス写真を基盤として
日本ジャンボーを設立したのが2
5 才の 時であります。
去年(平成19年8月)は文字通り、
高橋弘の
創業 5 0周年であります。
思い返すと当時は、
熱海温泉に押し寄せる
観光客の
団体記念写真を主に撮っていました。
もちろん写真は
白黒写真が主流でありました。
ところが、
東京オリンピックの頃から
写真の力ラー化が 目立つようになり、
その写真も
デジタル化の流れで、こ
の間50年の歳月と云うものは
技術の進歩により
会社(グループ)の仕事の内容も
その都度変わってまいりました。
ここまで来るのに
いく度かの山谷がありましたが、
おおむね上手く乗り切ってこられたといえると思います。
創業以来
約40年以上も
増収増益を続けることができたのも、
私を支えてくれた
創業当時の 幹部や関係者の方々、
途中で定年退職した仲間たちでありました。
今日はその様な方々をお招きしています。
さて、
戦後平和な日本の国でしたが、
それにしても自分ながら半世紀の間、
よく前に進み続けてこられたなと思っています。
私の力は微力でしたが、
私を支えてくれた社員、
銀行、 得意先、取引先の皆様の
温かい御支援があった事に感謝申し上げます。
ここまでこられたのだから、
少々欲を出して、
今までの倍の100年まで行けるようにと、
いまから8 年前の
会社創立40周年に大きな夢を語りました。
幸い、
後継ぎの村松君が、
s-CIMG7989.jpg
私の二人息子を伴って、
あれから8年間、
日本ジャンボーを発展させていただきましたが、
まだまだ私よりも若いので、こ
れからもうひと働きを期待したいものです。
(つづく)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment