熱海市議会”議員定数削減”2名に

今朝の散歩は、
「熱海観光港埋立地」を中心に
30分ほどで仕上げた。
午前10時から開催される、
「議会運営委員会」委員の一人として、
遅れるわけにいかない。
小生念願の、
「議員定数削減」について、
3月定例会に議案として提出される、
云わば、
市民が現在最も関心を抱く案件で、
2人なのか3人減なのか、
各会派を代表する委員(会派代表)が、
最終的な賛否と削減についての、
意見を持ち寄ることが、
前回の委員会で決まっていた。
そういう意味で重要な委員会だったので、
いつもより早めの午前9時少し前から、
「愛犬ふ~」と、
散歩を通じて”愛情”のコミュニケーションを図る。
昨日もふれたが、
発情期に入っている”ふ~”。
近づくオス犬には、
見ているほうがハラハラするほど、
オス犬のコビに寛大だったが、
s-CIMG4195.jpg
同じ”柴犬”でも、
メス犬には敵対心をむき出しにする。
s-CIMG4199.jpg
午前9時40分に議員控室に入る。
会派議員とお茶を飲み、
雑談後、
定刻どおりに委員会が開催され、
協議事項は、
追加議案についてから、
質疑及び質問の通告状況と発言順序、
付託委員会の日程、
最終日に係る議運と討論通告の締め切り、
意見書・陳情書についてだった。
議員定数に関しては、
3人削減の、
民主党・市民クラブに対し、
公明党を含む自民党議員団、
小生が所属する「熱海会」会派議員が
2人減を提案し、
共産党と新和会(自民党)が、
定数削減に反対した。
s-200603070.jpg
地元紙には、
前日沼津労政会館で開かれた、
県議選立候補予定者説明会の模様と、
小生が既報のとおり、
熱海市田原本町、
喫茶店経営者「F」氏の
熱海市議選に保守系無所属で
正式に立候補した記事が、
支援者と収まった写真と共に
掲載されていた。
観光振興や少子化対策、
財政再建などや、
ネットを活用した行政の効率化など、
小生と相通ずる政策が多い。
組織の入れ替え議員を除き、
これで新人の立候補者は6人となり、
現在のところ、
7人落ちという近来稀に見る、
”大激戦”に突入したが、
噂の候補者、
日舞の「S」氏も流動的だが、
立候補に向けた準備をしているとの、
噂もくすぶっており、
8人落ちの可能性も残されており、
市民の関心は、
来月市議会選挙に釘付けとなっており、
投票率アップを、
大いに期待したいところだ。
小生にとっては、
組織票や地盤の脆弱さは否めないだけでなく、
前回まで
小生の「後援会長」で、
”市長選”でもまざまざと見せ付けた、
”必勝”選挙仕掛け人と賞賛されている、
松尾光貴氏(福島屋旅館)が、
今回の選挙では、
民主党から立候補する新人や現職への、
てこ入れにまわったこともあって、
細かいアドバイスを
前回同様頂いているものの、
苦しい戦いであることに違いがない。
ーなにをやりますーより、
ーなにをしてきたかー、
ーどうすれば再生できるかーを、
ひたすらアピールしていくことで、
自ずと道は開けていくと思うのだが・・・。

2 Comments

  • 甲田ファン
    将来の熱海再生に必要と思われる、環境や資質を十分持っていると思われた、甲田君ですが、最近脱線しているようですね。実にもったない事です。 彼に実業家は向いていないことは、知り合いになれば 誰もが感ずること、向き不向き、得手不得手、は誰にもあること、向き、得手を伸ばせば良いと思うのですが、人間って不思議と不向き、不得手を選んでしまうものですね・・・・残念!
  • 村山憲三
    そうなんですか。

Leave a comment