初島燈台一般開放記念式典

朝10時、
好天に誘われるようにして、
熱海観光港から、
富士急マリンリゾートの、
初島行き、
”イルドバカンス号”に乗船する。
「初島燈台一般開放記念式典」に、
参加するためである。
s-CIMG4489.jpg
s-CIMG4490.jpg
出航して間もなく、
かれこれ一年以上も不法係留していた、
木造帆船の
強制撤去が執行されている場面をカメラに収める。
s-CIMG4499.jpg
係留している木造帆船は、
コースタルリゾート建設工事の
妨げとなるばかりでなく、
舳が岸壁に当たり、
コンクリートを破損させており、
損害賠償請求にも繋がるとして、
この朝、
県の港湾関係のタグボートに曳航され、
然るべき場所へ移動させられたと、
式典参加者の一人で、
「初島燈台」を施工した
港湾ゼネコンの役員は説明する。
初島は、
静岡県唯一の離島で、
熱海港から初島までは、
高速観光船「イルドバカンス」号を利用すると、
わずか23分間の距離に浮かぶ。
式典は、
主催者挨拶として、
市長に続いて、
梅原一美市議会副議長が立ち、
初島燈台は地元の強い要望を受け、
相模灘を航行する船舶の
安全を守るため建設された等と、
一級設計士としての
知識の一端も披露した。
s-CIMG4507.jpg
s-CIMG4517.jpg
設計・施工者への
感謝状贈呈や花束贈呈のあと、
テープカットの次に、
校歌斉唱となり、
自動ピアノの伴奏に合わせ、
子供たちが元気に歌い上げ閉会となった。
s-CIMG4523.jpg
燈台展望台や、展示資料館などを見学し、
s-CIMG4532.jpg
場所を「エクシブ 初島クラブ」
8階”アジェーロ”にて祝賀会が行われた。
「初島」は今や、
”エクシブ初島クラブ”の
成功と歩調を合わせるように、
島全体が観光客で賑わいを見せている。
熱海市の観光従事者は、
外からの資本が入ることで、
この島がどう変貌し、
成功への道を歩んだのかを分析し、
”規制の枠”に縛られた、
旧態依然の施策では、
投資家が敬遠するという側面を照らして、
財政再建を急いで頂きたいものである。
今夜はもう11時を少し過ぎてしまったが、
”とある同僚議員達”から、
お誘いを”モロ”に受けてしまい、
海や船の話しは織り込んだものの
「熱海マリーナ」の話は、
明日へ持ち越しと致します。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top