軽食喫茶「うろこ茶房」

熱海市が文化の拠点と位置づける、
起雲閣」は、
   www.kiunkaku.com/top/
平成12年に、熱海市が取得し、
昨年6月には来館者が「30万人」突破した。
その起雲閣に沿った通りを、
通称、モロコシ通りという。
10年以上も前には、このストリートには、
今はない、旧「長崎屋デパート」が市民の生活を支えてきたが、
ここも閉鎖後、
熱海市が”温泉資料館”(仮称)建設を目的として、
取得したのだが、
現在は市営駐車場となっている。
旧長崎屋全盛期には、
この通りを挟んで、様々な店舗がオープンし、
賑わいを見せていたが、
現在では、
ドコモショップ、花屋、ケーキ屋、喫茶店2軒、魚屋、本屋等が
通りの明かりを消さずに頑張っている。
起雲閣オープン時には、
この通りにも、起雲閣入館者が流れてくるとの、
期待感があったものの、
現在のところ残念ながら、経済波及効果はゼロに等しいようだ。
この旧モロコシ通り商店街の一画に、
「うろこ茶房」はある。
s-200610280.jpg
オープンは昭和53年。
オーナーの「上野」さんは、開店時からのスタッフだったが、
昭和58年から経営者として現在に至っている。
s-200610281.jpg s-200610282.jpg
小生は、この店には開店時からのお付き合い。
昭和53年、この店の真後ろで、
「サンシン印刷」を開業してから現在までだから、
もうかれこれ「30年」になる。
仕切っているのが、上野ママ。
青森県の出身で、
「うろこ茶房」の前は、今は懐かしい、
”喫茶たつみ”でご主人と共に店を任されていた。
この店には、
市内の職人さんやタクシーの運転手さんが常連で、
それぞれが情報を持ち寄り、
親睦を深めている。
今朝は親戚にあたる、
故「田島六郎」氏の告別式に出席する前に、
「うろこ茶房」に立ち寄った。
先客の定連さん達もご愛顧の、
30年間、味も量も値段も変わらぬオリジナルメニュー、
”モーニングセット”(500円)を注文する。
s-200610283.jpg s-200610284.jpg
味付けした食パンをトースターに、ジャム、
ゆで卵にコーヒーのセットだが、
毎日食べても飽きないという人気メニューだ。
ランチメニューも好評で、
「定食セット」、「スパゲッティ」、「ピラフ」等が売れ筋。
午後6時以降まで営業しており、
夕方からは、ドリンクを主体に”上野”ファンは集う。
「うろこ茶房」
住所 熱海市昭和町5-6
電話 0557(81)6855

さて告別式だが、
朝8時30分には、
多くの親戚・友人や生前お世話になった
関係者の皆さんが昨夜の通夜に続いて、
多く集まった。
昨日のブログで少し説明したが、
「故田島氏」は小生の女房の父親の弟で、
同僚議員の「米山秀夫」氏の実父である。
通夜の席で、前列に座った小生を見た、
他の同僚議員の皆さんは、
そうした関係を初めて知った方が多かったようだが、
ご多忙の中、火葬場にまで足をお運び頂いた、
稲村、金子、宇畑、高橋、大徳議員や、
山田治、岡議員にはこの場を借りて御礼申し上げたい。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment