同期のサクラ

今朝のニュースで、
仙台市の「光ヶ丘スペルマン病院」で、
生後間もない幼児が、
男に連れ去られた事件で、午前6時、
仙台医療センターの倉庫内で、
幼児を約50時間ぶりに無事保護したとの
明るいニュースが流れた。
この日熱海市では、
午前10時より観光会館にて「成人式」が行われた。
s-s-20061800.jpg s-s-20061801.jpg
新成人対象者(昭和60年4月2日~61年4月1日生まれ)は、
昨年10月31日現在、
男子154人、女子168人の計322人。
昨年より21人の数字的に減少したが、
今年の新成人は観光会館内での規律が正しく、
川口市長からも、12回成人式典を行ってきたが、
今年が一番評価できるとの賛辞を受け、
代表で感想文「二十歳を迎えて」を披露した、
今瀬久美恵さんは、
s-s-20061802.jpg s-s-2006183.jpg
「教師を目指し、子供たちに夢を与え
大きく育てたいとまとめた中で、
「過去において、私の心の中に湖があったとすれば、
心は空っぽでした。反抗期に支えてくれたのは友人であり、
先生の励ましだった」と朗読し、
出席者から喝采を浴びた。
また、舞台に立った恩師の一人からは、
「人生諦めからは何も生まれない」と、
夢への挑戦を一生続けて頂きたいとの、
熱いメッセージが新成人に降り注がれた。
記念プレート贈呈には、
感想文入選者の一人、
富岡大智君(中央町)が代表で受け取り、
s-s-20061804.jpg s-200618010.jpg
式典のあと、庁舎正面入口で、花の植樹を行い、
s-s-20061805.jpg
午前11時30分から、
熱海サンビーチにおいて寒中水泳大会が行われた。
今日成人式を迎えた”同期の桜”、
熱海市にとっても、
見事大樹の花を咲かせて頂きたいものである。
さて、同期の”サクラ”といえば、
6日付ブログの続きなのだが、
高橋弘会長も、
赤塚「森ちゃん寿司」店主も同期である。
共に、昭和10年生まれで、
会長、7月10日生まれ、森ちゃんが10月10日生まれ。
大屋敷さんが、熱海サンミ倶楽部に宿泊した夜、
会長を食事しながら取材したいとの、リクエストをいただき、
「森ちゃん寿司」を選んだ理由は、
高齢化社会よ何処へやら、予防医学よ”こんにちは”、
古希を迎えてもなお”元気横溢”で、
一人は、「温」、「泊」、「食」で、
もう一方は、「食」で、共に大衆を相手に”癒し”と”夢”を
与え続けるお二人を同席させることで、
大屋敷さんや中駄さんが何を発見できるのか、
熱海再生を願う小生が気を回したのである。
s-200610740.jpg
s-200610780.jpg s-200610790.jpg
大屋敷さんは記者として、
「週刊ポスト」新春(1/13・20)号では、
あの、みのもんた氏を取材、
「激痛9ヶ月、もう限界」紅白直後に入院・手術」で、
新春2大告白、その1を担当している。
s-200610760.jpg s-200610770.jpg
会長とは、公私に渡り貴重な話を聞けたようで、
次回は、
みなとみらい21「万葉の湯」を取材するようだ。
森ちゃんでは、樽酒のサービスに、
鯵の叩き、中トロやイカの耳、鯖、こはだの握り、
名物の”太巻き”などを満足して、
4人で、小8枚半は安すぎる。
そのあと、
偶然にも親戚筋に当たると説明を受けた、
「花かがり」に連夜の顔見世し、
ロイヤルリゾート社のエリート社員等と
暫し歓談したあと、小生はサヨナラした。

1 Comment

  • ポスト大屋敷
    ほんと、森ちゃん寿司は安くて美味しかったですね。 高橋会長とのセッティングもありがとうございました。会長のような勢いある方を紹介していただいて、新年早々私にもツキがまわってきそうな予感です。 特製ニンニク、編集部の方に届きました。何人か体調がよくない編集者がいますが、やはりここは私のことを娘のように面倒見てもらっている、芸能レポーターの梨元勝さんに試させてあげようと思っています。

Leave a comment