釧路発ANA742便不具合につき欠航

8月15日(日)、
釧路空港発羽田行き。
ANA742便は、
定刻午前11時30分フライトの予定だった。
小生はこの日、午後の便(5時50分発)を
予約していたが、関東地区の落雷注意報と、
急遽東京の友人と会うことで、
午前の便に変更していた。
午前10時、小生を釧路空港に送ったのは、
高校入学時以来5年来の親友、
「伊木繁樹」(釧路石炭社長)氏。
                  (写真は伊木繁樹氏)
s-CIMG6069.jpg s-CIMG6071.jpg
一昨日のゴルフや同窓会、
2次会での同期会の思い出を語りながら、
握手して別れ、搭乗手続きを済まし
控え室で出発を待ったのである。
ところが好事魔多し。
ANA742便は”機内の不具合”との理由で、
欠航し代替便の出発は午後17時30分と
6時間もの大幅な遅れが生じると
ANA担当者からアナウンスされた。
日本航空や他の便に変更を求めたが、
お盆ということで満席のため、
釧路空港に6時間、
缶詰状態を強いられたのである。
ANAは申し訳程度に、
昼食券(1,000円)を配布して、
乗客の怒りの矛先をかわそうと汗だくだった。
福岡空港での日航機エンジントラブルや
キプロスでのギリシャ航空墜落など、
飛行機事故が相次いでいる。
満席の乗客からは各々の都合に沿った
予約をした手前、怒りを顕にしANA関係者を
罵倒する場面も見受けられた。
しかし小生はあらためて運の強さを実感した。
搭乗する前の発見だった。
仮に途中で故障箇所が露呈し、
引き返したとしても、着陸するまでの間
死に対するプレッシャーは
想像を絶する重圧となって
襲い掛かってきたのではないか。
空港内待合室には、
各ローカル便搭乗者を含め満タン状態。
       (電子時計が午後5時4分を記した釧路空港待合室)
s-CIMG6122.jpg s-CIMG6123.jpg
丁度テレビでは、
全国高校野球夏の大会が映し出されており、
仮眠も含め時間を適当に流し、
”お盆”の時期のアクシデントを
更なる好転のキッカケと受け止めた。
運命論者ではないものの、
”運”、”不運”がいつも背中合わせを実感した。
やはり、先祖供養を怠らずして
毎年欠かさず、釧路の地を訪れたことが幸いしたと
感謝した一日でもあった。
代替便の機長から、
ANA742便のエンジン冷却部分のダクトに
何らかの欠陥が発見され、
急遽欠航したとの説明があり、
午後7時10分、無事「羽田空港」に着陸した。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment