Today's Kenzo

Published on 11月 15th, 2015 | by ken@jyohou.com

0

故色川武大推薦の静岡・中村屋の親子丼

さて、既報の通り今日は早めに上京する。
池田修一氏の車に便乗し、日中は都内を
2〜3カ所回り夕方5時前後には、
後楽園ホールに入る予定となっており、
石森史郎氏や吉村卓三氏等と合流する。

さて、吉村氏といえば先日静岡出張した際に、
影山滿社長(健康住宅)が案内した旨い店が、

静岡市葵区井宮町にある中村屋だった。
中村屋は大正年間から続く老舗の
親子丼専門店である。故色川武大は著書

「喰いたい放題」(集英社文庫)の中で、

静岡の中村屋、駅前から国道1号線を少し
浜松方面に行き、昭和通りに折れて
共同石油のスタンドの角を曲がったあたり、
これも小さな店だが、まアここは

日本一の親子丼専門店である。

ーここの親子丼もトリと煎り玉子を
ご飯の上にのせたものだ。(中略)

もうひとつ、”たきこみ”と称するトリの
たきこご飯があるが、これもすばらしい。

昔、静岡に行けばもちろんだが、新幹線を
途中でおりて喰べにいったことがある。

とにかく、よい店、よい商人というものは
構えでなく、愛嬌でなく、ただあつかう物に
どことなく気品がただようものである。と、
賞賛している。ご馳走になったのが、

「喰いたい放題」にあったたきこみご飯に
炒りたまごと鶏、椎茸に筍が乗っかった、
”親子丼”であり、今まで親子の常識を覆した、

老舗の親子丼から、繁盛のコツの一つは、
その店でしか食べられないオリジナル食材の
開発にあることを改て、目からうろこの、

中村屋の親子丼だった。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑