Today's Kenzo

Published on 1月 18th, 2015 | by ken@jyohou.com

0

尾崎紅葉(金色夜叉)が伝えたかったメッセージとは。

 

今日はオランダ在住の女性から、石森史郎氏(脚本家)の
消息に関するメールが届いた。早速、石森氏に伝える。

これまで約10年間稚拙な電子日記を書き続けてきたが、
遠い外国から小生のブログにたどり着き、それを仲介し
そのご縁で親しくなった方々も複数いる。従って今回も
どのようなストーリーを秘めているのか楽しみでもある。さて、

金色夜叉と云えば、一昨年、前記の石森氏他のご協力を仰ぎ
日本ストーリーデザイン大賞in熱海を開催した。内容は、

平成の金色夜叉をテーマとした、プロット募集である。

石森氏は既に「夜叉恋」という題名でシナリオを書き上げており
映画化に向けて準備しているところでもある。その他、

「涙で月よ、輝けよ」(あむはうす制作)も映画化を急いでおり

そう言った意味においても、昨日の紅葉祭は特別の思いで
出席したご遺族の方々の直ぐ後ろからスピーチを拝聴する。特に

尾崎紅葉のひ孫(紅葉の次男のお孫さん)である、
尾崎哲也さんのメッセージの内容が、
石森氏のシナリオに脈づくテーマでもあったことから、
失礼を承知で挨拶文を譲り受けたので、その一部を抜粋したい。

ー紅葉が伝えたかったメッセージは、世の中を支配するのは
お金と権力だけではない。愛ある人間関係の大切さではないかー
現代社会にも通じる130年前にもあった永遠のテーマです。

そんな作品を書いた紅葉は、17歳の若さで硯友社を設立し
創作活動をする中でリーダーとしてその仲間や後輩達の
面倒見が良く、慕われる存在だったと本には書かれていますが

その反面、父が生前、紅葉はどのような人間だったの話しで
記憶にあるのが、美食家で、気に入らないとちゃぶ台を
ひっくり返す程の亭主関白で、祖父母が苦労したとのことです。

現代では考えられませんが、文学をこよなく愛し、
明治文壇を飾った紅葉のことを、これから遺族の一員として
後世に伝える活動を積極に行っていく所存です。
(尾崎哲也)
尾崎哲也氏


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑