Today's Kenzo

Published on 11月 10th, 2009 | by ken@jyohou.com

0

季節の変わり目、訃報相次ぐ、

小生が直接間接的に関ってきた、
恩人知人の訃報がここ数日、相次いでいる。先ず、
前田久光氏(熱海玉の湯ホテル相談役)だが、実は前田氏、
昭和53年9月、小生が熱海市議会補欠選挙に立候補した祭の、
後援会長をひきうけて頂いた方である。この時は、
応援の甲斐なく敗退したのだが、その後雌伏20数年後、
平成11年4月の初当選の祭には、
とある支持者と供にホテルに挨拶に伺い喜んで頂いたが、その後、
入退院を繰り返していたことから疎遠となっていたが、
今朝の地元紙を見て訃報を知ることが出来た。前田氏、昭和41年に、
(伊豆毎日新聞より訃報転写)
管財人代行として、日本で始めてとなる会社更生法による
ホテルの建て直しを実践した人物としても広く知られており、
体調が万全であれば、今日の基幹産業が抱える、
ホテル、旅館等の再生問題の
コンサル的な存在として期待できたのだが、冥福を祈る。さて、訃報は、
小生の自宅ビル内で直営する、飲食店スタッフ係累にも及び、いずれの方も、
熱海温泉を支えてきた飲食業関係の方で、その死が悼まれる。
一人は、今夜が御通夜となったのが、
ラーメンハウスでバイトをして頂いている女性の母親で、死因は、
スキルス性胃ガンと診断され、入院して2週間ほどで他界した。もう一方は、
居酒屋「ぽん太」の経営者東原光明氏で、以前から肺と、
高血圧に悩んでおり、月一の割で通院していた矢先の突然死で、
ムラヤマビル2階のフィリピンパブで働く奥さんが帰宅して発見し、
昨日、葬儀を済ませたばかりだった。故東原氏は、
ぽん太が入居するビル
居酒屋ぽんた
熱海に居住する前には、カメラマンとして活躍しており、
小生の恩人の故蕪木研爾氏とも面識があり、そんな関係もあって、
以前から面識はあり、未だ64歳という訃報が残念である。さて、
訃報の次は熱海再生への起爆剤となるか、ぼちぼち、
次期熱海市長選への立候補に向けての動きが出始めたようだ。
昨夜、木下恵司氏(伊豆山をおもしろくする会、海山代表)から、
田嶋県会議員が駅前で街頭活動を始めた。と、その目的について
あくまで私見だがと、前置きして、
ー来年9月の市長選を意識しての始動だ。と、分析する。そうだ、
市長選ばかりではなく、再来年4月には統一地方選が始まり、我々、
市議会議員にとっても、大事な市長選となるのである。なるほど、
昨日すれ違った、民主党の街宣車には、
橋本議員をふくむ3人の議員さん達が乗り込み、
街宣活動への意気込みがビンビン感じられ、既に、
選挙モードに突入しているような、妙な錯覚と緊張感が交差した。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑