Today's Kenzo no image

Published on 7月 23rd, 2007 | by ken@jyohou.com

0

大阪”満腹”駆け足道中記&プラス

今朝の散歩も、
昨日に引き続いて、
林が丘町からの”山間”コースだった。
・・・・・・・・・・
二日間の大阪出張では、
新大阪駅に着いた
初日の昼食が、
創業昭和35年と
老舗のお好み焼き屋、
「桃太郎」だった。
・・・・・・・・・・・・
大阪市東成区大今里南6-2-2-
(地下鉄千日前線新深江駅4番出口)
電話06-6972-3388
営業時間11:30~22:30
定休日 火曜日
・・・・・・・・・・・・
午後1時に新大阪駅に到着後、
松本氏の車で
約1時間近く移動し、
”お腹が空いていた”ということもあるが、
松ちゃんがお勧めの、
「桃太郎」は、
”広島風”とも違う、
甘辛両方の、
自家製ソースに特徴のある、
お好み焼きが売りで、
豚肉や卵がはみ出し、
野菜がギッシリの具沢山で、
さらに、
夫々がお好みで
”ソバ”と”ウドン”のトッピングの上、
リクエストの、
マヨネーズが
細かい霧雨の如く筋状に振り掛けられ、
これを全員が、
完食したのを”口始め”に、
s-CIMG6220.jpg s-CIMG6224.jpg
s-CIMG6221.jpg
「小林旭新歌舞伎座公演」を観終わった、
その日の夕飯は、
心斎橋「空」の焼肉アラカルトだった。
ここでは、
少食な
山口多加志氏(不動産賃貸業)を交え、
s-CIMG6271.jpg
松ちゃんの太っ腹な注文のまま、
あれもこれもと、”大食い”し、
「空」の真ん前にある、
”サウナニュージャパン”にて、
入浴しながら、
山口、松本両氏の
大黒町に建設予定の、
マンション計画打ち合わせに、
腹ごなしを兼ねて、
お付き合いし、
定宿の、
s-CIMG6286.jpg s-CIMG6287.jpg
「心斎橋グランドサウナ」に宿泊する。
ここでは”珍名”とも言える、
男女お二人が
ナイトフロントに立っており、
早速、
「本」氏と「糸洲」さんを、
デジカメに記録し、
7階のマッサージルームにて、
”足ツボW”を、
松ちゃんにゴチとなり、
個室カプセルに入ったのは、
午前4時少しを過ぎていた。
翌朝9時近くにチェックアウトし、、
定番、
「ナカオカ珈琲店」では、
店長を久しぶりでデジカメに撮り、
s-CIMG6232.jpg
2階の定席で、
モーニングセットに
特注サラダ2皿を平らげ、
目の前の、
「新歌舞伎座」を俯瞰し、
小林旭のショーについて、
松ちゃんから、
”ぺっぺっぺっぺ~ら、ぺら”と、
思いの丈を聞かされる。
昼食は、
株式会社アーバンビルドの、
嶋豊社長の事務所にて、
カルカヤマコト(レゲエシンガー)の、
親父さんと、
後から知らされることとなる、
「刈芽鉄三」氏と、
自身が理事長の、
組合法人についての説明を受けた後、
s-CIMG6251.jpg
お近くの、
「韓国料理店」にて、
冷麺とユッケジャンスープの、
”冷温”混合をご馳走になり、
その日の夕食は、
天王寺の「はは川」では、
(後日詳細)
DR喜多の
メディアカルステーションで合流した、
JALの現役スッチー
「F]さんと、
介護関連会社のオーナー、
「O]さんを伴い、
名古屋の
波多野社長が釣り上げた、
”カジキ鮪”アラカルトで楽しんだ後、
宗右衛門町の、
シダックス直営の”カラオケハウス”で、
s-CIMG6283.jpg s-CIMG6284.jpg
腹ごなしした後、
午前3時近くに解散するも、
小生と松ちゃん

道頓堀「金龍」で
ラーメンを”啜る”という、
超ハードで、
健康な体も”壊れる”危険性の孕んだ、
松本哲治氏(大阪喰飲B級ハンター)の、
心づくしの
”責め食”(せめく)だったが、
小生、
食い意地の卑しさが勝り、
胃袋の膨張を押さえ込み、
カロリーオーバーを承知の上で、、
どの一品も、
残すことなく、
ご相伴にあずかったのである。
しかし幸いなことに、
”断酒”が功を奏しているのか、
バンドの穴の位置は
広がっていなかったものの、
体脂肪が増えている可能性もあり、
その分熱海に帰ってからの、
散歩では、
丸2日間、
歩き少なかった、
”愛犬ふ~”には
舌を出しっぱなしの、
ゼイゼイ登板を強いる格好となった。
さて、
散歩道の始点近くの
「林が丘」に、
隠れ家的な”和風料亭”が、
先月中旬、
ひっそりとオープンした。
どんな内容かと
興味をそそられたものの、
”口コミ”営業方針なのか、
地元紙などでは、
開店の案内など、
小生の目には触れていなかったのだが、
今朝そこを通りかかると、
その料亭の玄関が開き、
若い女性スタッフが
庭先で水を撒き掃除をしていた。
声をかけると、
湯河原から通勤しているという、
別嬪さんから、
店の名刺を頂戴する。
s-P10000101.jpg s-P10000110.jpg
そこには、
茶寮「和び」と書かれ、
~さわさわと吹く風波打つ草花
 初夏の香りのする
 熱海の高台に
 古く趣のある「日本料理店」を
 開かせていただくこととなりました。
 静寂と茶の湯と
 織細なお料理とをご堪能下さい~と、
上下全部で14席、
温泉付き”日本料理店”は、
・・・・・・・・
熱海市林ケ丘町4-6
電話0557(81)6666
営業時間 午前11時30分~14時まで
       午後17時~22時まで
定休日 水曜日
・・・・・・・・・・・・
個室としても使えるようで、
新しい熱海の”隠れ屋的”日本料理店、
次回、
松本哲治氏が来熱の際には、
ここで紹介した以上、
お連れする事になるのかも。

Tags: , , , , , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑