Today's Kenzo no image

Published on 5月 16th, 2005 | by ken@jyohou.com

0

熱海・箱根広域行政推進協議会

5月16日(月)、熱海市起雲閣音楽ホールにて
熱海・箱根広域行政推進協議会が開催された。
s-20055160.jpg
s-20055162.jpg s-20055163.jpg
協議事項は
1、平成17年度熱海・箱根広域行政推進協議会
  事業計画(案)について
①観光展の開催について
   箱根町が年4回開始している
   東名高速自道海老名サービスエリア(下り線)は
   首都圏から第一番目のオアシス。
   一日3~4万人の利用客があり、観光地である両市町
   にとっては宣伝効果も高いので、今後合同で実施していく。
 ②交流イベントや道路マップ等の作成について
  伊豆山権現と箱根権現のように、
  歴史的文化の交流拠点として現在も
  神社仏閣に多くの言い伝えがある。
  美術館、歴史館、史跡などをPRするツールとして
  道路マップは効果的な手段として期待されるため、
  十分に検討していきたい。
 ③工芸品や特産品のPRについて
  箱根の寄木細工や熱海のダイダイマーマレードのほか、
  地元特産品の発掘・開発して
  今後実施される両市町のイベントやキャンペーンに
  ノベルティーとして配布し、PRに役立てていく。
2、平成17年度熱海・箱根広域行政推進協議会
  予算(案)について
川口市長は、
「旅雑誌ジャラン5月号観光地人気ランキングで
箱根が1位、熱海が2位と、昨年2位の草津を抜いた
宴会の町だけでは生き残れない。
女性に愛される町として、昨年来のイベントが功をそうした。
箱根のいいところを学び、両市町力を合わせ、
外人観光客獲得にも努力したい」と、挨拶。
一方、山口町長は、
「去る4月23,24日東名高速海老名サービスエリアにて
熱海市のも参加していただき、
誘客キャンペーンを行った。
今後3回ほど協議会の仕事のひとつとして、
両市町のPR活動をしていきたい。
外国人誘客が初の600万人突破したが、
3分の1はビジネス客。
今後、力を合わせて観光客の比率を
押し上げて行きたい」と、抱負を述べた。
s-20055164.jpg s-20055165.jpg
協議会は協議事項が原案どうり
承認され、終了した。
協議会終了後は、「起雲閣」庭園において
両市町議会関係者による記念撮影が行われた。
s-20055161.jpg
なお、出席議員は次のとおり。
熱海市 笹島洋、若井明、加藤俊夫、宇畑良三、橋本一実、 
     村山憲三、岡武秀、大徳京子
箱根町 勝俣徹、安田安典、勝呂昌子、勝俣信、小川鶴雄、
     沖津弘幸、勝俣清春、杉山幹雄、古川貞夫の各議員。

Tags:


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑