大相撲5月場所12日目観戦 in 両国国技館。後日談。

大相撲5月場所12日目を観戦した
後日談ですが、


小生の他
両国国技館に同行したのは、

これまでご一緒したメンバーとは別の、
ブロックチェーンソリューションを提供し、
また、
唯一無二の

”鑑定証明システム(US・EPO)の世界特許をもつ、

cryptomall japan incの役員と、
関係者の皆さんの4人でした。

cryptomall japan incは、

一般社団法人 日本エストニア商工協会、

日本とエストニア公和国両国の経済界相互の
理解と親睦を深めることを目指して設立され、
現在、

両国間のビジネス支援や
各分野における交流会の企画運営ほか、
各分野における調査視察団の派遣や、
観光誘致イベントの開催などを主体に

文化的交流とは別の

「ビズネス的交流」に絞った、
活動を続けており、
エストニアを代表する元、

大相撲力士で大関に上り詰め、
現在、
エストニア共和国国会議員の
kaid boovelson-baruto(把瑠都凱斗)氏を
役員に迎えており、
日本からも
元国会議員や国際弁護士を揃えている。

おっと、紹介が長くなりましたが、

彼らと観戦した大相撲でしたが、
カスク着用は徹底され血ましたが、
これまでの場所とは別の、
afterコロナに向けた観客制限撤廃の、
大相撲5月場所が観戦できました。

ーT鉱産のT社長。今回もありがとうございましたー

 

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top