釜山「海雲台」旅行記2

10月 27th, 2005 | by ken@jyohou.com

昨夜は「銀座カラオケ」では、 焼肉で膨らんだ体内のカロリーを消化すべく、 ドクター安井、加藤、岩井、そして小生と ガイドの朴さんとジョンチョル君がボックスに座る。 30坪ほどの店内は日本のスナック的造作だが、 他にお客は


釜山「海雲台」旅行記

10月 26th, 2005 | by ken@jyohou.com

「安井会のんびり釜山」2泊3日の旅は、 岩井氏が旧知の、 沼津市にある旅行社「東静トラベル」さんを通し、 出発は成田からで、航空会社はJALだった。 小生だけは、山口社長のご好意に甘えたため、 ホテル代金を引いた金額で参


釜山港へ”変えれ”

10月 25th, 2005 | by ken@jyohou.com

~椿咲く~春なのに~ あなたは~帰らない~ 韓流ブームが日本の社会現象になる20年以上も前、 日本人のハートを捉えたのが、 韓国人女性歌手が歌った、 「釜山港へ帰れ」だった。 その後、同じ韓国男性歌手”チョーヨンピル”が


「歌奏」(かなで)の笑顔

10月 23rd, 2005 | by ken@jyohou.com

小生も考えてみれば来年60歳。 昭和21年11月3日生まれだから、 間違いなく”還暦”だ。 普段動き回っていると年のことなど気にしたことはない。 ところがである。 愚息の娘が家に来るとその思い上がりが吹っ飛ぶ。 熱海マリ


熱海渚地区市街地再開発事業(3)

10月 23rd, 2005 | by ken@jyohou.com

この開発事業に対する地権者は、 53名(土地・建物所有権者)いるが、 山田治議員を始め各議員から、 「相続の場合、共有部分として 子供の数だけ地権者が増えないか」、 「53名の地権者は誰が決めたのか」 「熱海市が認めてい


熱海渚地区市街地再開発事業(2)

10月 22nd, 2005 | by ken@jyohou.com

この「熱海中央渚北地区市街地開発事業」(以下開発事業)の 最大の地権者は、この地域に 755㎡の市営駐車場を持つ「熱海市」である。 旧京王帝都から、 4億7千万円もの市税を投入した経緯がある。              


熱海渚地区市街地再開発事業(1)

10月 21st, 2005 | by ken@jyohou.com

10月21日(金)午前10時より、 熱海市庁舎5階「議長応接室」において、 熱海市議会超党派「11会」の勉強会が開催された。 出席したのは、加藤則夫、山田治雄、村山憲三、 山田壽美、井沢共一、橋本一実、高橋幸雄、梅史子の


故「金平協栄ジム」会長

10月 20th, 2005 | by ken@jyohou.com

昨日の続きになるのだが、 「ドクター中松」の欄でもチラッと顔を覗かせたのが、 協栄ボクシングジムの「故金平元会長」。 金平会長といえば、 世界チャンピオンだけでも、 古くは、フライ級の「海老原博行」、フェザー級「西城正三



Back to Top ↑