Today's Kenzo

Published on 1月 29th, 2019 | by ken@jyohou.com

0

村山けんぞう後援会事務所開き

今朝11時に
小生の
後援会事務所開きが行なわれました。
場所は、

旧喫茶ボナールで、
既存の村山事務所の
県道を挟んだ、
真ん前という、
極めて目立つ立地にあります。

その事務所開きの
概要について、

熱海ネット新聞に掲載された
記事をそのまま
転写してご紹介させて頂きます。

/////

任期満了に伴う
熱海市議選(4月14日告示、21日投開票)に
出馬を予定している、
無所属で元職の

会社役員・村山憲三氏(72)の

後援会事務所開きが
1月29日、
市内中央町の同事務所であった。

来宮神社の
雨宮盛克宮司の神事に続いて

平石啓三郎後援会長が
「前回選挙ではわずか44票及ばず、
5期連続当選を逃した。
今回は
通算4度目の後援会長に戻り、
総力を挙げて支援する。

市議選まであと3カ月弱、
日にちが経つのは早い。

一番早い
後援会事務所の開設で
リベンジを果たそう」と

村山氏の支援拡大を訴えた

その後、

村山氏が30人を超す
出席者を前にあいさつ。

「熱海は右肩上がりで
観光客が増え、
活況が続いて言われるが、

内情は
市の税収が年々減り、
このままでは
高齢者の福祉も維持できない。

税収不足を解消するには、

凍結されている
カジノ誘致、
塩漬けの旧岡本ホテルの観光会館新設、
渚地区再開発等で
投資家を誘致する必要がある。

これらのことはいずれも
市長の決断で実現が可能だ。

市政に対する市民の
不満の声を
議会で代弁させていただきたい」と
力を込めて話した。

市議選(定員15)は、

現職15人全員に加えて
既に
立候補を表明している
公明党新人の後藤雄一氏(57)。

前県議の橋本一実氏(54)も
2月1日に
出馬会見することが決まり、

泉地区からも
新人が出馬の準備を進めている。

現時点で

村山氏を含めて
19人が
立候補する見込みだが、
さらに増える可能性もある。

〝1人落ち〟だった前回から
一転、
候補者乱立の
激しい選挙戦が予想される。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑