Today's Kenzo

Published on 3月 12th, 2018 | by ken@jyohou.com

0

日韓合作映画「熱海のやまほうし」 in 焼き鳥「すぎ山」

熱海国際映画際参加予定作品
「熱海のやまほうし」で
重要な場面となるのが、

焼き鳥屋のシーンだった。

つまり、

韓国(ソウル)でも
流行っているという、
焼き鳥屋を
映画の舞台にしたのが、

やまほうしの脚本、
シーンNo.23だった。

そのシーンを書いたのが、
脚本・監督を手掛けた、
イサベラカロン氏だった。

炭火で煙る親子3代の名店、
焼き鳥のすぎ山には、

熱海の食の文化を
韓国に伝えだけの魅力がある。

店構えだけでなく、
親子3代守り続けてきた
秘伝のタレや、

オーナーの手さばき、
備長炭があぶり出す、
絶妙な味のハーモニー等々、

日韓合作映画として、
”絵”になることから、
制作陣は
勇んで交渉に望んだのだが、

しかし聞けば、

この店のオーナーは、

これまでTV取材や
映画等の撮影をには、
首を縦に振らないと評判だったが、

どういうわけか、
今回は
全面協力して頂いたのである。

このシーンは、

映画の主役となるオソンを始め、
ア•ラ•カルト(K−pop)全員と、

「石橋保」さんが

地元でア•ラ•カルトを応援する
焼き鳥屋の主人役を演じる、

かなり需要な場面であり、
監督を始めスタッフ全員が、

杉山潤オーナー及び
ご家族の皆様のご協力に、
心からに感謝したのは言うまでもない。

また、小生、

すぎ山さんとは、
浅からぬご縁で結ばれていた。
(つづく)



 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑