Today's Kenzo

Published on 12月 30th, 2017 | by ken@jyohou.com

0

熱海国際映画祭への期待と不安②

第1回熱海国際映画祭の概要は

尾崎紅葉が明治30年代に、
読売新聞に発表した、

小説「金色夜叉」は、

愛よりも金を選んだ、
お宮と貫一の愛憎劇の
舞台となった、
熱海の海岸とともに、

熱海温泉を全国区にした。

100年以上たった現在も
未だに、
その恩恵に与っているのは、
ご案内のとおりであり、

熱海市は映画祭を
尾崎紅葉の生誕150年を記念して
企画したものといい、

来年6月28日から
7月1日までの4日間。

熱海市のMOA美術館、
熱海芸妓見番歌舞練場、
市内ホテル旅館を会場に開催する。

主催は

熱海市、スカパー、イオンシネマ、
◎フォーカスで構成する実行委員会で、

国内外から新作を公募し、

その中から

日本国内初披露となる
20作前後を選出し、

審査は

映画監督協会理事長の
崔洋一氏他、

国内外の映画監督、
脚本家らが行い、

◎グランプリ◎準グランプリ、
◎監督賞
◎尾崎紅葉賞(原作・脚本)、
◎音楽賞
◎主演俳優賞、
◎主演女優賞、
◎学生映画賞などを競う
コンペティションを行い、

応募総数は
3000作程度を見込んでいる。

日本の映画祭では珍しく、

韓国「釜山国際映画祭」と
フランス
「ECUヨーロッパ映画祭」の
海外映画祭と連携して開催するという。

写真右は
石森史郎氏(脚本家)。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑