Today's Kenzo

Published on 10月 12th, 2017 | by ken@jyohou.com

0

髙橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝”わが人生”(103) ー日本ジャンボーは安さにこだわり、工場集約一括処理で躍進ー

今朝の
一般紙やTVニュースから、

衆院選突入後の
各一般紙が分析する
序盤選の予想が
一斉に出揃った。

蓋を開けてみれば
やはり、
自民党圧勝のデーターが
大見出しで踊った。

ここまでは。

髙橋弘会長(万葉倶楽部)の
予想通りの展開となった。

今後どのような風が吹くのか、
無党派層の流れで
多少の変動はあるだろうが、

安倍一強内閣への追い風が
ますます強くなりような
メディア各社の分析だった。

さて、

その髙橋会長の自伝、
”わが人生”(103)目を転写する。

////

ー各取次ぎ店に配る
仕上がり写真や請求書は、

取次店や集配ルートのコード化により、

集配する順序通りに
機械から出てきます。

自分の担当ルートの
コード化により、

集配する順序通りに
機械から出てきます。

集配員は、

自分で担当ルートの
写真や請求書を受け取ったら、
それを上から順に
配っていけばいいのです。

80年代後半は、

現像•プリントの
スピード仕上げを行なう、

ミニラボと呼ばれる
小規模DPE店が登場しました。

しかし、

日本ジャンボーは
速さにこだわらず、
安さを追求しました。

だから集配は一日一回で済み、

工場に集めて大量に
一括処理もできるのです。
速さを捨てたからこそ、
安さが実現できたともいえますー。

(つづく)


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑