Today's Kenzo

Published on 10月 3rd, 2017 | by ken@jyohou.com

0

渡辺周氏(前衆議院議員 静岡7区)市内清水町に事務所開き。

昨日、

橋本一実元県議が、
静岡県7区から立候補予定の、
渡辺周氏(前民進党)と供に、

小生のラーメン屋に
渡辺氏のリーフレットや、
起雲閣で開催予定の
決起大会他の日程表を持参し、
挨拶に見えた。

周チャン

今回の選挙は、

解散に至る過程が、
おトモダチに便宜供与疑惑に
頰っ被りして、
臨時国会の招集を無視し、

外遊の後ようやく
臨時国会を開いたものの、
審議なしに解散したこと等、

もり、かけ隠しの
安倍政権への不信感が
どうしても拭えない。

政権政党からの受け皿として
小池都知事と新党発足への
期待感とともの、
不安定要素も多くあるが、

国も地方も、
”長期政権は腐る”のである。

メディアで論ずる
評論家の話に耳を傾けつつ、
ここは一番、

熱海市民の一人として、
これまでどおり、
人物本位で応援したい。

これまで、

自民党も旧民進党や
他の政党候補も、

熱海市危機存亡のテーマ、

少子高齢化防止に、
誰ひとりとして
具体的な歯止め策を
提示していないのだが、

今回の衆議院選を通して、
メディア登場数の多い、
渡辺周候補の叡智や、
人脈をフル活用できないか、
模索したいものである。

まっ、その前に、

橋本氏を始め
旧民進党所属の
熱海市議議員3人プラスワンが、
少子高齢化への危機感を
どこまで抱いて、
熱海市独自の問題点を
国政に届けることが出来るか、

小生の来年以降の
身の振り方を含めて注目していきたい。

ただ、

ひとつ懸念されるのが、

熱海市の旧民進党の
最強のサポーターだった

松尾光貴氏(福島屋館主)が没した今、
渡辺氏の獲得数にどのような
影響を及ぼすのだろうか。

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑