Today's Kenzo

Published on 8月 24th, 2017 | by ken@jyohou.com

0

髙橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝”わが人生”(86) ー小さな無駄を削りに削り、機械化を進めて薄利多売ー

今日は午後から、
横浜まで東海道線で出張する。

中区(桜木町)で
情報機器を販売する会社を
表敬訪問した後、
みなとみらいにある、
大塚家具ショールームまで、
足を延ばす予定である。

さて、

神奈川新聞連載された

髙橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝、
”わが人生”の
ブログ版その(86)話である。

////

ー逆光や色かぶりの写真は
全体の5%ほどありました。

こうした写真は
オペレーターが見つけ出し、
補正をして焼き直していました。

光量を調整するなどして、
目で見たときの状態に、
できるだけ近づけるのです。

フィルムの時代は、
どこのDPE店でも
この補正作業を行なっていました。

補正をしないと、
お客さまが
満足できる写真になりません。

補正しても酷い場合は
お渡しできず廃棄しますから、

例えば

24枚プリントしても
23枚分しか
プリント代を頂けないことになります。

写真DPEは“賃商売”です。

プリント一枚から得られる利益は
数十銭という薄利です。

日本ジャンボーは、

大型機械で
大量に処理することで
小さな利益を積み上げる一方、

小さな無駄を削りに削って
少しずつ事業を発展させました。

(つづく)

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑