Today's Kenzo

Published on 7月 29th, 2017 | by ken@jyohou.com

0

高橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝”わが人生”(68) ー大手カラーフィルムメーカーを相手に内容証明送達ー

さて、早いもので
7月も終盤にさしかかり、
小生今日から3日間は

家業のラーメン屋の手伝いである。

接客業の難しさと楽しさを
ラーメン屋を通して
改て修行しているところだが、
体を動かし
笑いを共有できることで、
高齢者の健康促進にも
大いに役立っている。

さて、

髙橋弘会長の自伝、
”わが人生”(68)話に入ろう。

///

ーまずは状況調査と証拠集めです。

店で売れ残ったフィルムを
3本ほど、メーカーに
返品してみました。

次のような手紙をそえ、
内容証明郵便で。

「これらは使用期限が切れて、
劣化しているので返品します。
フィルム価格に含まれている
現像料を返して下さい」

数日後メーカーから
新品のフィルムが届きました。

やはり内容証明で
こんな文書が付いていました。
「お送りいただいたフィルムは、
小売り価格の40%が現像料です。

そこで。その金額に相当する
新品のフィルムを送ります」

しめた・・・!

このメーカーの現像料は
40%だと判明したのです。

大手寡占のカーテンの向こうが、
ちらりと見えました。

次は使用期限前の
未使用フィルムを返品してみました。

「撮影の予定がなくなったので、
フィルムを返品します。
現像料を返してください」。すると、

「あなたが現像しないのは、
無料で現像する権利を
放棄したということです。ですから

現像料の返金には応じられません」という
返事が返ってきました。

なるほど、

そういう理屈できたか。
“敵”の姿が次第に明らかになっていきました。

(つづく)


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑