Today's Kenzo

Published on 6月 16th, 2017 | by ken@jyohou.com

0

髙橋弘会長(万葉倶楽部)の”わが人生”(45) ーアルプス後立山連峰、鹿島槍ヶ岳北面と五龍岳の積雪期に戦後初登攀ー

高橋弘会長の自伝、
”わが人生”その(45)

ー枝折峠を過ぎ小倉山に入ると、
前夜の雪がかなり積もっていました。

新雪をかき分け、
中ノ岳へと縦走します。

キラキラと太陽が
雪に反射する真っ白な世界。

真青な空に手が届きそうでした。

八海山に登る途中、
谷から大きな熊が
のそりのそりと上がって来たのには
肝を冷やしました。

急いでシャッターを切りましたが、
遠すぎて
よく映っていないのは残念でした。

その後、

越後駒ヶ岳を目指したものの
天候が急変、30時間以上の
激しい風雨に予定を断念し、

3日分の食料を
7日分にのばして下山しました。

登嶺会は、富山県と
長野県意股がる北アルプスの
後立山連峰を主な
研究対象としておました。

私は会の仲間とともに
同連峰の鹿島槍ヶ岳北面と五龍岳に
積雪期に戦後初登攀し、
記録が専門誌に載りました。

(つづく)


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑