Today's Kenzo

Published on 6月 26th, 2017 | by ken@jyohou.com

0

川勝平太氏静岡知事知事3選と「夢あるしずおか創造会議」に期待すること。

静岡県知事選は予想通り、
川勝平太氏が3選を果たした。

この知事選には、
前の熱海市選出県会議員だった、

橋本一実氏が

川勝事務所の
(夢あるしずおか創造会議)
事務局に入り実動部隊として、
選挙戦を展開してきた。

中でもSNSを活用した
ネット選挙を積極的に活用し、
当選への一助となった。

静岡県知事選開票結果は、
🔴83万3389票
川勝平太氏(68)が3期目の当選を決め、
他方、
●56万3316票と健闘した、
溝口紀子(45)は涙をのんだ。

また、

有権者数33,380人を抱える、
熱海市の投票率は33,39%と、
県内35市町の中で最低だった。

内訳をみると、

投票者11,147人に比較して
棄権者は男女ほぼ同数の
22,233人と倍を数えたことから、

知事選への感心の無さが
浮き彫りとなっている。

さて、

投票率が50%を切ったことで、

川勝氏の4月定例会見で発言し
その後撤回した、

投票率が5割に届かなければ、
当選しても辞表を出すー

といった消極的態度への批判が
”棄権”に繋がったと見る
関係者が多いことを踏まえて、

小生も一票を投じた
県民の一人として、

橋本氏を通じて川勝知事には

熱海市を需要テーマに
県内が抱える少子高齢化問題や
2020年後を見据えた
経済政策を重点課題として

来年以降に迫ってきた、
熱海市長選や県議選及び
市議選に向けて、

直面する前記問題点に対して
活力ある積極的な
施策を打ち出すことを
期待している旨伝えたい。

にしても、

川勝氏や永田町も含め
最近目立つのが、
政治家の”食言”である。

我々を代表する
範となるべき政治家が、

一度口に出した言葉を、
また口に入れるのは、

政治不信を招く愚行であり
見苦しいことだと、
認識して欲しいものである。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑