Today's Kenzo

Published on 4月 7th, 2017 | by ken@jyohou.com

0

高橋弘会長(万葉倶楽部)の「わが人生」④(神奈川新聞連載3月1日〜)

昨日も上京する。

大阪から上京した親友の
宮崎文隆氏(不動産業)と

新宿歌舞伎町ヘアーサロン
「PENELOPE」のオーナー、
中平行治氏からお誘いを受け、

銀座三笠会館3階吉野にて、
安田尚子山王ロータリークラブ会長や


細川淳一筑波大名誉教授、
辻丸久仁氏等
医療関係の皆さんと会食しながら、

熱海と医療、終の住処をテーマに
親交を深めた。その他、

櫻◯寛氏(TAOエンタープライズ)、
関◯友之氏(株式会社◯リオ社長)等を
訪問し午後8時過ぎに帰宅した。

個々の詳細は後日として、
先ずは、

高橋弘会長(万葉倶楽部)の
”わが人生”の続きを掲載したい。

・・・・

「運転手さん、湯河原まで頼みます」

1935年7月10日、私の父
髙橋祥太郎は弾んだ声でそう言い、
勤務先のある
静岡県•熱海市の市街地で
タクシーに乗り込みました。

「お客さん、何かよいことでも
あったんですか」

「うん。長男が生まれたんだ」
「跡取り息子だよ」

私が生まれた日父は
タクシーで湯河原にある
母のスガ子の
実家に向ったそうです。

車中でこんな会話が
なされたかもしれないと
つい想像してしまうのは、

60年後、

こんなことがあったからです。

父に、俺「弘」って云う名前、
気に入っているんだけど、
どうしてつけたの」と
訊ねてみたのです。

父はタクシーの運転手さんの
名前からヒントを得たのだ。と、
話し話してくれました。

父が没する一年のことでした。

(つづく)


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑