Today's Kenzo

Published on 4月 9th, 2017 | by ken@jyohou.com

0

熱海に首都圏から終の住処を求める高齢者と関連する健康延伸事業を探る。

大阪府は西宮に住む、
「宮崎文隆」氏は、

かつて小生が、
熱海市議会に挑戦する前、
市内で日刊紙を発行する傍ら、

国会情報紙の一つで当時、
自民党大物議員の支援を受けていた

国会タイムズ熱海支局長時代から、
今日に至までの約18年間、
肝胆相照らす仲として、
お付き合い頂いている。

宮崎氏は不動産販売業として、
大阪市内を中心に
年間数十億円以上を扱う
中堅業者としてまた、
柔道家としての人脈を通して
幅広く活躍してきたが、

バブル崩壊後は事業規模を縮小し
過去の人脈を生かし
関西最大のホームセンターと
提携し時代にマッチした、
不動産業を続けている。

この間のエピソードは、
ブログでも記載しているが、

愚息の結婚式ほか、
小生が主催したパーティには、
必ずと言っていいほど、
顔を出し祝福して頂いている。

さて、

その宮崎氏の東京人脈の一人が

中平行治氏である。

中平氏は新宿のど真ん中、
歌舞伎町一丁目にある
プレーンシティ新宿ビルの
4階と7階フロアーで、

ヘアーサロン

Penelope(ペネロープ)&
TOM&CAT(トムキャットオーナー)を
経営するオーナーである。

地理的には新宿駅東口より徒歩3分。
新宿ドンキホーテ脇の
セントラルロード内にある
シダックスの左の
プレーンシティ新宿ビルがそれだ。

宮崎文隆氏の紹介もあり、
スッカリ意気投合したことから、
細川淳一氏(筑波大名誉教授)、
宮崎氏と共にサロンを訪問した。

サロン2店舗あわせて、

スタイリスト10数人、

アシスタントが4〜5人が
満席のお客に対応し大盛況でした。

中平さんは昔から
熱海温泉が大好きな江戸っ子で、
近い将来、

首都圏の高齢者が
熱海に終の住処として求める
現状を把握しており、

ヘアーデザイナーを絡めた
健康延伸事業の青写真を描いていた。



 

 

 

 

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑