河村たかし氏名古屋市長4選を祝す。高橋弘会長の自伝”わが人生”⑬ | 七転八起 - 村山憲三 Official Site

Today's Kenzo

Published on 4月 25th, 2017 | by ken@jyohou.com

0

河村たかし氏名古屋市長4選を祝す。高橋弘会長の自伝”わが人生”⑬

河村たかし氏が、

名古屋市長選で他の候補を
大差で破り4選を果たした。

実は知る人ぞ知る、

高橋弘会長とは昵懇の仲だ。

河村氏が掲げる”減税”の
スローガンと実行力を評価し、

議会と闘い続けてきた、

元祖”市民ファースト”、

河村たかし氏を応援している。

今回の選挙は
名古屋城の天守閣木造化に
道筋を付けた実績を訴え
幅広い支持を得たようだ。

さて、

河村氏の当選をいち早く、
自身のfacebookに投稿した、

高橋弘会長の自伝、
”わが人生”の⑬である。

・・・

父祥太郎は戦争中に
会社員から農業に転じ、

1945年の終戦を機に、
祖父が静岡かで営んでいた

「いわで」を専業としました。

熱海市伊豆山の
わが家の一角が店舗でした。

「いわで」は

酒類販売業免許を持っていました。

2006年に完全自由化されるまで、
この免許証の取得には
かなり厳ししい制限があったので、

免許を持っている店には
高い価値がありました。

また、

たばこの販売許可も受けていました。

戦後しばらくは酒類はもちろん
醤油やみそ、酢、油なども
配給制でした。

私は店を手伝いながら、

同じ容量でも酒や酢に比べ
醤油が重いことや、

縫い糸でも木綿糸用、絹糸用、
ボタンかがり用で
異なることを知りました。

お客さんに
お札のお釣りを渡すときは

”さっと”しわをのばし、
大きい金額から渡しました。

(つづく)


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑