Today's Kenzo

Published on 12月 11th, 2016 | by ken@jyohou.com

0

馬場のぼる(漫画家)さんが描いた、動物版”金色夜叉”。

先日、小生が版権を持つ、
熱海芸妓をテーマに複数の漫画を
世に出すべく相談している

桜庭寛氏(TAOエンタープライズ)が来熱、

某置屋の複数の女将さんと
打ち合わせた後に
見番の案内をお願いしたあと、

市内渚町の国道135号線沿いに
先ごろオープンした

骨董 「空Qoo 日月堂」にて、

漫画家『馬場のぼる』さん直筆の

動物版金色夜叉を描いた、
寛一お宮のイラストを発見し、
桜庭氏に報告し道案内をする。

fullsizerender-354

fullsizerender-353
img_0995

日月堂主人から得々と
作品購入の経緯ほかを聞きながら、

視点を変えれば、

面白いアニメの制作も、
作品の波及効果の仕組みづくりの
プレゼン次第では可能となる。

そこは現役のプロデューサー、

桜庭氏は現在公開中の
映画「カノン」の製作者の一人でもあり、

次回作品が松本零士さんの
「男おいどん」の実写版
”おいどん”ということを斟酌すれば、

熱海芸妓さんや
金色夜叉を軸の新発想のもと、

小生の溜めている、
熱海をテーマにした漫画を
世に出すことや実写版映像の具現化も
可能となるだけに、

桜庭氏と二人、

”撮らぬタヌキの皮算用”を楽しんだ。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑