Today's Kenzo

Published on 11月 6th, 2016 | by ken@jyohou.com

0

私の福の神「澤口昭三」さん(87歳)と”あと5分”にて再会!

昨夜は

愚妻が経営するクラブ(あと5分)に、
市内西山町の沢口別荘オーナーの

「沢口昭三」さんが来店した。

沢口さんは首都圏を中心に
不動産賃貸業のオーナーで、
西山別荘は500坪の敷地の中に、

南路面に向いた広大な庭園があり、
四季折々の草花が咲き乱れ、
見るものの心を癒している。

今から10年前の2006年に
断酒を実行するまでは、

沢口さんを座長とする、

市内在住の4人の仲間たちで
”男たちの宴”という名の、
親睦会をつくり月一の割合で、

市内のホテル旅館を含む
「美味い料理」を提供する、
飲食店巡りで親睦を図っていた。

ただ小生が、

断酒を実践してからは、

親睦会とは次第に疎遠になり、
”男たちの宴”も自然解散した。

もっとも、

けんか別れしたわけでもなく、
時折お声をかけて頂く等、
お付き合いは続けているものの、
頻度は激減している。

4人いたメンバーの一人が
先日逝去したばかりで、
葬儀の席で顔は合ったが、
声をかけれずじまいだった。

また沢口氏は小生にとって

散歩と健康維持を学んだ方でもある。

今でこそあちらこちらで、
ウオーキングする市民を見かけるが

沢口氏が

健康維持に始めた
散歩(有酸素運動)を見習い、

飲酒をしている時から、

高止まりの血圧を下げたい一心で

沢口氏の西山別荘を経由し
約一時間超コースを歩いたことや、
加齢とともにコースを変更し、

今なお健康でいられるのも、

沢口さんあってのもので、
そもキッカケを与えて頂いたことで、
小生には時の氏神として、
恩人の一人として尊敬している。

また沢口さんは、
小生が断酒した年に、

皮膚ガンを克服し、

87歳の今も尚矍鑠とし、
悠々自適に余生を楽しんでいる。

(つづく)

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑