Today's Kenzo

Published on 7月 4th, 2016 | by ken@jyohou.com

0

石森史郎氏(脚本家)の近況報告。(8月26~28日)銀座迎賓館、観月ゆうじ主演舞台稽古の真っ最中!!

今朝、石森史郎氏(脚本家)から
電話が入った。近況報告だった。

現在、8月26、27、28日の3日間、

銀座迎賓館で公演される、
観月ゆうじ(歌手)主演舞台の

「2016仰げば尊し」と
「平成竹取物語」の2本の作品を
書き下ろし連日、自宅のある

国立から稽古場のある
小田急線相武台駅に通っている。と、
嬉々として語った。にしても、

連日猛暑日が襲う中、小生が
人生の目標と仰いでいる、

高橋弘会長(万葉倶楽部)、
石森史郎氏(脚本家)、
細川淳一氏(筑波大学名誉教授)
堀孝会長(総合食品)ほか

80歳代の現役の方々は全員が
年齢を超越した心身ともにタフで、
世の変化に敏感な嗅覚を持ち、

自己管理能力の高さなど抜群で、
常に見習うよう心がけている。

さて、作品の演出は今回も、

石森氏の親友で、元ナベプロで、
”シャボン玉ホリデー”他の番組の
振付師として一世を風靡した、

小井戸秀宅氏が担当する。

お二人は同じく観月ゆうじの
6月公演(望郷はぐれ星)に続き、
コンビを組む。今回は、
銀座迎賓館での公演となったようだ。

老いて益々意気軒昂!!

頑張れ!!、石森史郎先生と小井戸秀宅さん。

写真は後楽園ホールでの、石森氏と武田清氏。

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑