Today's Kenzo

Published on 7月 9th, 2016 | by ken@jyohou.com

0

参議院選挙、比例区は渡辺よしみ候補という選択!!

東京都知事選の候補者の動きに
翻弄された感の強い、今回の

参議院選挙も明日が投開票である。

選挙区は別として正直、
比例区に関しては小生も
決めあぐねていたが、今朝の

高橋弘会長(万葉倶楽部)の
メッセージと政治的な期待度から、
おおさか維新の会から出馬した
渡辺よしみ候補者を押すことに。

アジェンダで一世を風靡した
経験豊かな政治家も政治資金問題で
一度は躓いたものの、

不屈の闘志で政界復帰を目指す闘志と
これまでの一本筋の通った政策と
経験に期待したい。誰の目にも

自民公明の圧倒的強さばかりが
強調されている今回の参議院選だが、

与党寄りのおおさか維新から、

政界のご意見番として辛口の
候補者が政界復帰することで
与党の暴走に歯止めをかけ、

国民に分かりやすい政治を
期待できそうである。また、

渡辺氏の得意とする経済に関して
HPを検索すると、

イギリスのEU離脱に伴う
世界的不況と日本の金融政策に関して、

次のような政策をHPにアップしている。

◯日銀臨時政策決定会合を開いて、
国債等買い取り30兆円増額を決める。
◯財政出動20兆円✖3年=60兆
(減税・給付金、財投債によるインフラ整備)を
選挙後の補正予算で組む。

日銀が動かないなら、為替介入を断行。

単独でも介入資金を吸収せず
放置しておけば(非不胎化)、
金融緩和の効果抜群。

これらによって
デカップリング財政金融一体政策ができます。

1930年台の歴史の教訓は、
金融緩和が平和的政策。
保護主義ブロック経済が戦争への道でした。

小生にも分かりやすい分析である。早速、

多くの知人友人にSNSで拡散させていただいた。

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑